ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

都市整備委員会速記録第二号

平成二十七年三月二日(月曜日)
第六委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長島田 幸成君
副委員長高橋 信博君
副委員長大島よしえ君
理事舟坂ちかお君
理事野上 純子君
理事神林  茂君
栗山よしじ君
白石たみお君
石川 良一君
上野 和彦君
谷村 孝彦君
菅野 弘一君
尾崎 大介君
立石 晴康君

欠席委員 なし

出席説明員
都市整備局局長技監兼務安井 順一君
次長浅川 英夫君
技監佐野 克彦君
理事櫻井  務君
理事西倉 鉄也君
総務部長細渕 順一君
都市づくり政策部長上野 雄一君
住宅政策推進部長今村 保雄君
都市基盤部長佐藤 伸朗君
市街地整備部長鈴木 昭利君
市街地建築部長久保田浩二君
都営住宅経営部長永島 恵子君
基地対策部長筧   直君
企画担当部長福田  至君
連絡調整担当部長黒川  亨君
景観・プロジェクト担当部長小野 幹雄君
まちづくり推進担当部長佐藤  匡君
住宅政策担当部長加藤  永君
民間住宅施策推進担当部長山崎 弘人君
航空政策担当部長外かく環状道路担当部長兼務山下 幸俊君
防災都市づくり担当部長佐々木 健君
多摩ニュータウン事業担当部長太田 誠一君
局務担当部長臼田  仁君
耐震化推進担当部長佐藤 千佳君
経営改革担当部長臼井 郁夫君
再編利活用推進担当部長建設推進担当部長兼務五嶋 智洋君
営繕担当部長青柳 一彦君
横田基地共用化推進担当部長交通政策担当部長兼務牧野 和宏君

本日の会議に付した事件
都市整備局関係
契約議案の調査
・第百六号議案 都営住宅二十六H-一〇六東(江東区東砂八丁目)工事請負契約
付託議案の審査(質疑)
・第百十八号議案 平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出 都市整備局所管分
付託議案の審査(決定)
・第百十八号議案 平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出 都市整備委員会所管分

○島田委員長 ただいまから都市整備委員会を開会いたします。
 初めに、契約議案について申し上げます。
 契約議案は財政委員会に付託されておりますが、本委員会所管分について、議長から調査依頼がありました。
 本件については、調査結果を財政委員長に報告することになっております。
 公文の写しは、お手元に配布してあります。
 朗読は省略いたします。

平成二十七年二月二十七日
東京都議会議長 高島なおき
都市整備委員長 島田 幸成殿
   契約議案の調査について(依頼)
 左記の議案について調査し、財政委員長にご報告願います。
     記
1 調査議案
 第百六号議案 都営住宅二十六H-一〇六東(江東区東砂八丁目)工事請負契約
2 提出期限 平成二十七年三月二日(月)

○島田委員長 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、都市整備局関係の契約議案の調査及び中途議決に係る付託議案の審査を行います。
 これより都市整備局関係に入ります。
 初めに、契約議案の調査を行います。
 第百六号議案を議題といたします。
 本件につきましては、既に説明を聴取しておりますので、直ちに質疑を行います。
 発言を願います。

○大島委員 意見だけ述べさせていただきます。
 本件は、江東区の都営東砂八丁目アパートの建てかえ工事の契約案件です。
 今回、議会にかかっているのは、五階建て三DK百十戸を取り壊し、十一階建て一棟百五十八戸が建設されます。全体が型別供給のため、今回建設される百五十八戸は、一DKが四十四戸、二人用の二DKが六十二戸で、少人数世帯用戸数が全体の六七%となります。こうした部屋に戻り入居される方は、建てかえ前は五十から五十三平米の住戸面積のところに住んでいましたので、今後は三十から四十平米となり、七割程度の狭さとなってしまいます。また、三人以上のファミリー世帯用は三三%程度です。
 建てかえの場合、従前入居者の世帯数に合わせて建てかえ戸数を決めるということですから、全体として少人数世帯用が多くなってしまいます。しかし、今、団地の高齢化が問題になっているときだからこそ、多世代が入居できる環境をつくっていくことが必要です。
 今回の建てかえでは、敷地に余裕があることから、従前戸数を四十八戸上回った建設戸数を確保することができたということですから、今後も都営住宅のソーシャルミックスを視野に入れ、将来もファミリー世帯が入居できる住戸面積の住宅供給を考えていくことが必要です。
 都営住宅の新規建設が十六年間ゼロという状況の中で、建てかえ戸数をふやしていくことは、都営住宅への入居を希望する都民がふえ続けている中で、必要なことであり、賛成です。
 また、東京都が都民のニーズに応え、型別供給をやめ、ファミリー世帯が入居できるように、最低でもファミリー世帯が入居できるような二DK以上の住戸の建設をふやしていくことを強く求めて、意見といたします。
 以上です。

○島田委員長 ほかに発言がなければ、お諮りいたします。
 本案に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○島田委員長 異議なしと認め、本案に対する質疑は終了いたしました。
 お諮りいたします。
 本案は、異議ない旨、財政委員長に報告いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○島田委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。
 以上で契約議案の調査を終わります。

○島田委員長 次に、付託議案の審査を行います。
 第百十八号議案、平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出、都市整備局所管分を議題といたします。
 本件につきましては、既に説明を聴取しておりますので、直ちに質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○島田委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本案に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これに異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○島田委員長 異議なしと認め、本案に対する質疑は終了いたしました。
 以上で都市整備局関係を終わります。

○島田委員長 これより付託議案の審査を行います。
 第百十八号議案、平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出、都市整備委員会所管分を議題といたします。
 本件につきましては、既に質疑を終了しております。
 これより採決を行います。
 第百十八号議案、平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出、都市整備委員会所管分を採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○島田委員長 異議なしと認めます。よって、第百十八号議案、平成二十六年度東京都一般会計補正予算(第五号)中、歳出、都市整備委員会所管分は原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時五分散会

ページ先頭に戻る