ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

公営企業委員会速記録第七号

令和三年六月三日(木曜日)
第十委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長田村 利光君
副委員長宮瀬 英治君
副委員長たきぐち学君
理事古城まさお君
理事おじま紘平君
理事大山とも子君
上田 令子君
馬場 信男君
中山ひろゆき君
とくとめ道信君
川松真一朗君
鈴木あきまさ君
藤井  一君
山田ひろし君

欠席委員 なし

出席説明員
交通局局長内藤  淳君
次長土岐 勝広君
総務部長根木 義則君
水道局局長浜 佳葉子君
技監尾根田 勝君
総務部長石井 英男君
下水道局局長神山  守君
次長根本 浩志君
総務部長松本 明子君

本日の会議に付した事件
請願の審査
1 三第八号 東京水道グループコンプライアンス有識者委員会が策定した報告書に関する請願
請願陳情の継続審査について
特定事件の継続調査について

○田村委員長 ただいまから公営企業委員会を開会いたします。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、請願の審査並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 初めに、請願の審査を行います。
 請願三第八号を議題といたします。
 本件は、過日の本会議において本委員会に付託されたばかりであり、十分な調査検討を行う時間がありませんので、本日のところは継続審査とすることにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○田村委員長 異議なしと認めます。よって、請願三第八号は継続審査といたします。
 以上で請願の審査を終わります。

○田村委員長 次に、請願陳情及び特定事件についてお諮りいたします。
 本日まで決定を見ていない請願陳情並びにお手元配布の特定事件調査事項につきましては、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○田村委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

○田村委員長 この際、所管三局を代表いたしまして、水道局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○浜水道局長 公営企業三局を代表いたしまして、ご挨拶を申し上げます。
 田村委員長初め委員の皆様方には、ご就任以来、数々のご指導、ご鞭撻を賜りまして、まことにありがとうございました。
 私ども公営企業が行っております事業は、都民生活や首都東京の都市活動にとりまして欠かすことのできない重要な事業でございます。
 これまでに賜りました貴重なご意見、ご指摘をそれぞれの事業運営に十分反映させまして、都民サービスのさらなる向上と効率的な経営に努め、都民の皆様の信頼と負託に全力で応えてまいる所存でございます。
 今後とも、公営企業三局に対しまして、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。
 まことにありがとうございました。

○田村委員長 発言は終わりました。
 この際、私からもご挨拶を申し上げたいと思います。
 昨年、委員長に就任をさせていただき、本日が最後の委員会となりました。その間、たきぐち、宮瀬両副委員長、また理事の皆さん、委員の皆様、そして、所管三局の理事者の皆さんにも大変お世話になり、委員会運営にご協力いただきました。まことにありがとうございました。
 新型コロナウイルスの影響によりまして、傍聴の制限や今までと異なる環境の中での委員会運営となりましたが、無事進めることができましたのも、皆様のおかげだと思っております。
 所管三局は、コロナ終息についても、コロナ後の復興についても、それぞれの立場で大きな役割を担っています。さまざまな期待、課題もありますが、引き続き、都民の安全確保と都民サービスの向上にひたすら努力をしていただきたいと思っております。
 最後に、皆様方のご健勝をお祈りして、ご挨拶にかえさせていただきます。大変お世話になりました。ありがとうございました。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時四分散会

ページ先頭に戻る