ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

公営企業委員会速記録第十三号

平成二十四年十一月二十七日(火曜日)
第十委員会室
   午後一時開議
 出席委員 十二名
委員長桜井 浩之君
副委員長笹本ひさし君
副委員長上野 和彦君
理事淺野 克彦君
理事相川  博君
理事西崎 光子君
新井ともはる君
矢島 千秋君
鈴木貫太郎君
泉谷つよし君
くまき美奈子君
山田 忠昭君

 欠席委員 一名

 出席説明員
交通局局長中村  靖君
次長宮川  昭君
総務部長鈴木 尚志君
職員部長廣瀬 秀樹君
資産運用部長室星  健君
電車部長小泉  健君
自動車部長土岐 勝広君
車両電気部長石井 明彦君
建設工務部長遠藤 正宏君
企画担当部長広瀬 健二君
安全管理担当部長岡本 恭広君
バス事業経営改善担当部長太田  博君
技術調整担当部長奥津 佳之君
技術管理担当部長川合 康文君
水道局局長増子  敦君
次長大村 雅一君
総務部長福田 良行君
職員部長松宮 庸介君
経理部長松丸 俊之君
サービス推進部長冨田 英昭君
浄水部長酒井  晃君
給水部長佐々木史朗君
建設部長田村 聡志君
企画担当部長今井  滋君
サービス企画担当部長吉野  明君
設備担当部長佐久間 勝君
多摩水道改革推進本部本部長吉田  永君
調整部長浅沼 寿一君
施設部長山田  廣君
技術調整担当部長青木 秀幸君
下水道局局長小川 健一君
次長石原 清次君
総務部長小山 哲司君
職員部長安藤  博君
経理部長熊谷  透君
計画調整部長黒住 光浩君
施設管理部長渡辺志津男君
建設部長野村 俊夫君
企画担当部長永野  実君
技術開発担当部長坂根 良平君
施設管理担当部長野口 毅水君
流域下水道本部本部長松浦 將行君
管理部長須田  潔君
技術部長中里  隆君

本日の会議に付した事件
 交通局関係
報告事項(説明・質疑)
・契約の締結について
 水道局関係
報告事項(説明・質疑)
・東京都公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例(案)について
・契約の締結について
 下水道局関係
報告事項(説明・質疑)
・契約の締結について

○桜井委員長 ただいまから公営企業委員会を開会いたします。
 初めに、会期中の委員会日程について申し上げます。
 先ほどの理事会におきまして、お手元配布の日程のとおり申し合わせました。ご了承願います。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、所管三局の報告事項の聴取を行います。
 なお、報告事項につきましては、本日は、説明聴取の後、質疑終了まで行います。ご了承願います。
 これより交通局関係に入ります。
 理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○室星資産運用部長 お手元の資料1、契約締結報告書に基づきまして、平成二十四年八月一日から十月三十一日までの間に契約を締結いたしました予定価格が二億円以上の動産の買い入れ契約一件につきましてご報告申し上げます。
 一ページをお開き願います。ご報告申し上げます契約の総括表でございます。
 以下、契約の概要についてご説明申し上げます。
 二ページをお開き願います。この契約は、平成二十四年度第二次一般乗合自動車(ハイブリッド)の買入れでございます。
 本件は、一般乗合旅客輸送用として、大型ノンステップバス八両を買い入れるものでございます。
 契約の方法は一般競争入札、契約金額は二億一千五百七十一万円余、契約の相手方は、いすゞ自動車首都圏株式会社でございます。
 入札経過につきましては三ページに記載してございます。
 以上で報告を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

○桜井委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 異議なしと認め、報告事項に対する質疑は終了いたしました。
 以上で交通局関係を終わります。

○桜井委員長 これより水道局関係に入ります。
 理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。
 初めに、東京都公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案について報告を聴取いたします。

○松宮職員部長 平成二十四年第四回定例会に提出を予定しております東京都公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案について、お手元配布の資料1によりご説明いたします。
 本案は、公営企業三局に共通する議案でございます。
 一ページをごらんください。平成二十四年十月の東京都人事委員会勧告を受け、給与原資の適正配分等の観点から、住居手当及び扶養手当の支給範囲を改正することとなりました。このため、改正条例第一条において、給与基準条例第四条の三に定める住居手当の支給範囲を、世帯主等である職員のうち、年度末年齢満三十四歳以下で、借家、借間に居住し、月額一万五千円以上の家賃を支払うものに改めるものでございます。
 また、特定職員の適用除外を定める給与基準条例第十四条の二に、新たに第五項を追加し、住居手当については、管理者が指定する職員を適用除外とするものでございます。
 次に、改正条例第二条は、特定職員の適用除外を定める給与基準条例第十四条の二第五項に、改正条例第一条で定めた住居手当のほかに、新たに給与基準条例第四条の扶養手当を追加し、管理者が指定する職員について適用除外とするものでございます。
 二ページをごらんください。附則第一条でございますが、施行期日は、改正条例第一条の規定については、公布の日の属する月の翌月の初日の施行を原則とし、ただし、改正条例第二条の規定については、平成二十五年四月一日からの施行を予定しております。
 なお、附則第二条から第四条において、扶養手当について二年間の経過措置を設けておりまして、施行は同じく平成二十五年四月一日を予定しております。
 具体的な改正内容につきましては、三ページ以降の新旧対照表をごらんください。下段が現行条例、上段が改正案、傍線を付した部分が改正部分でございます。
 以上、簡単ではございますが、東京都公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案についてのご報告とさせていただきます。

○桜井委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 異議なしと認め、本件に対する質疑は終了いたしました。

○桜井委員長 次に、契約の締結について報告を聴取いたします。

○松丸経理部長 工事請負契約につきまして、お手元の資料2、契約締結報告書によりご報告申し上げます。
 本日ご報告申し上げますものは、平成二十四年八月一日から平成二十四年十月三十一日までの間に契約を締結いたしました予定価格が一件九億円以上の工事請負契約三件でございます。
 一ページをお開き願います。本日ご報告申し上げます契約三件の総括表でございます。
 以下、順次、契約の概要についてご説明申し上げます。
 二ページをお開き願います。この契約は、朝霞浄水場排水処理所外一カ所監視制御設備等改良工事でございます。工事内容は、朝霞浄水場排水処理所の監視制御設備等の老朽化に伴う改良工事を施行するものでございます。
 契約の方法は一般競争入札、契約金額は十一億八千八百七十七万三千二百五十円、契約の相手方は日本電気株式会社でございます。
 入札経過につきましては三ページに、施工場所の図面につきましては四ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 五ページをお開き願います。この契約は、業務用無線設備改良工事でございます。
 工事の内容は、水道、下水道業務用無線設備の老朽化に伴う改良工事を施行するものでございます。
 契約の方法は一般競争入札、契約金額は十四億六千九百八十七万八千二百円、契約の相手方は株式会社日立国際電気でございます。
 入札経過につきましては六ページに、施工場所の図面につきましては七ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 八ページをお開き願います。この契約は、朝霞浄水場高度浄水施設(二期)生物活性炭吸着池活性炭製造及び敷込み工事でございます。
 工事の内容は、水源及び浄水施設整備事業の一環として、築造する高度浄水施設(二期)生物活性炭吸着池内に活性炭層を形成するため、粒状活性炭の製造及び敷き込みを請負により施行するものでございます。
 契約の方法はWTO一般競争入札、契約金額は二十一億八千四百万円、契約の相手方は水ing・日本エンバイロ建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては九ページに、施工場所の図面につきましては一〇ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 以上、簡単ではございますがご報告申し上げます。よろしくお願いします。

○桜井委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 異議なしと認め、本件に対する質疑は終了いたしました。
 以上で水道局関係を終わります。

○桜井委員長 これより下水道局関係に入ります。
 理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○熊谷経理部長 工事の請負契約につきましてご報告申し上げます。
 恐れ入りますが、お手元の資料1、工事請負契約の締結についてをごらんいただきたいと存じます。
 今回ご報告申し上げますのは、平成二十四年八月一日から十月三十一日までの間に締結した予定価格九億円以上の工事請負契約九件でございます。
 恐れ入りますが、一ページをお開き願います。総括表をお示ししてございます。この総括表によりましてご説明させていただきます。
 まず、区部の下水道工事でございます。
 土木工事のうち幹線工事といたしましては、南元町幹線工事、契約金額十九億六千九百余万円一件でございます。
 この工事は、新宿区の一部の雨水を収容する南元町幹線を施行するものでございます。
 枝線工事といたしましては、千代田区永田町一丁目、霞が関二丁目付近再構築工事、契約金額三十四億六千二百余万円一件でございます。
 この工事は、千代田区永田町一、二丁目、霞が関二丁目付近の既設管渠の更新にあわせて雨水排除能力の増強を図るために施行するものでございます。
 処理場工事といたしましては、全二件で、合計十九億七千八百余万円でございます。
 このうち、砂町水再生センター砂系ポンプ棟雨水放流渠吐口建設その三工事は、同センター内にある砂系ポンプ棟の雨水及び処理水の放流先を変更するため、放流渠及び吐け口工事を施行するものでございます。
 森ケ崎水再生センター(東)水処理施設耐震補強その二工事は、同センターの水処理施設の耐震性の向上を図るため、耐震補強工事を施行するものでございます。
 次に、設備工事ですが、全四件で、合計六十一億四千余万円でございます。
 このうち、三河島水再生センター浅草系受変電設備工事は、同センターの浅草系水処理施設の運転に必要な電力を供給するため、受変電設備を施行するものでございます。
 葛西水再生センター汚泥焼却炉脱水設備工事は、同センターの汚泥焼却炉一号の運転に必要な汚泥焼却炉脱水設備等を施行するものでございます。
 東尾久浄化センター西日暮里系ポンプ室電気設備工事は、荒川区東尾久地区等の浸水対策のため、同センター西日暮里系ポンプ室のポンプ設備及び沈砂池機械設備等の運転に必要な電気設備を施行するものでございます。
 梅田ポンプ所電気設備再構築その三工事は、同ポンプ所のポンプ設備等の再構築に伴う電気設備及び監視制御設備の再構築を実施するものでございます。
 以上、区部下水道工事の合計は全八件で、契約金額の合計は百三十五億五千百余万円でございます。
 続きまして、流域下水道工事でございます。
 設備工事といたしまして、八王子水再生センター汚泥焼却設備改良工事、契約金額十億三百余万円一件でございます。
 この工事は、同センターの汚泥焼却設備が老朽化したため、汚泥焼却炉及びその附帯設備を高温焼却及び多層燃焼方式に対応した汚泥焼却設備に改良し、設備の延命化及び環境負荷の低減を図るために施行するものでございます。
 区部、流域を合わせた全九件の契約金額の合計は、一番下の欄にございますとおり、百四十五億五千五百余万円でございます。右側のページに、それぞれの年度別内訳をお示ししてございます。
 なお、九件の契約方法は、一般競争入札によるものが八件、随意契約によるものが一件でございます。
 随意契約により契約いたしましたのは、八王子水再生センター汚泥焼却設備改良工事でございます。
 この工事は、既存の汚泥焼却設備の機能改良を行うもので、設備の正常な稼働を確保するためには、製造会社固有の技術と高度な知識が必要不可欠であることから、随意契約により契約したものでございます。
 三ページ目以降には、それぞれの工事ごとの契約内容及び入札結果等の詳細を掲げてございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 以上で、簡単ではございますが、工事の請負契約についての報告を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

○桜井委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○桜井委員長 異議なしと認め、報告事項に対する質疑は終了いたしました。
 以上で下水道局関係を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時十九分散会

ページ先頭に戻る