ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

公営企業委員会速記録第六号

平成十四年六月二十一日(金曜日)
第十委員会室
   午後一時三分開議
 出席委員 十四名
委員長土持 正豊君
副委員長松村 友昭君
副委員長立石 晴康君
理事初鹿 明博君
理事東野 秀平君
理事高島なおき君
高橋かずみ君
福士 敬子君
青木 英二君
串田 克巳君
中西 一善君
中山 秀雄君
田中 晃三君
尾崎 正一君

 欠席委員 なし

 出席説明員
交通局局長寺内 広壽君
次長松尾  均君
総務部長久保田経三君
水道局局長飯嶋 宣雄君
次長岡田 重信君
総務部長小泉 智和君
職員部長奥富清二郎君
経理部長二階堂信男君
営業部長中村 重利君
浄水部長村元 修一君
給水部長本山 智啓君
建設部長御園 良彦君
固定資産管理担当部長秋山  靖君
設備担当部長関根 勇二君
参事東岡 創示君
多摩水道改革推進本部本部長鈴木 三夫君
調整部長甘利 鎭男君
施設部長田口  靖君
技術調整担当部長山田  弘君
下水道局局長鈴木  宏君
次長藤井 浩二君
総務部長馬場 正明君
職員部長三浦  茂君
経理部長今里伸一郎君
業務部長時田 公夫君
計画調整部長大矢 爽治君
技術開発担当部長佐伯 謹吾君
施設管理部長前田 正博君
建設部長串山宏太郎君
流域下水道本部本部長藤田 昌一君
管理部長萩原 英夫君
技術部長広瀬 達男君

本日の会議に付した事件
 水道局関係
  報告事項(説明・質疑)
  ・契約の締結について
  ・みずほ銀行におけるシステム障害とその対応について
 下水道局関係
  報告事項(説明・質疑)
  ・契約の締結について
 請願陳情の継続審査について
 特定事件の継続調査について

○土持委員長 ただいまから公営企業委員会を開会いたします。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、水道局及び下水道局関係の報告事項の聴取並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 なお、報告事項につきましては、本日説明を聴取した後、質疑終了まで行いますので、ご了承願います。
 これより水道局関係に入ります。
 理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。
 初めに、契約の締結についての報告を聴取いたします。

○二階堂経理部長 工事請負契約につきまして、お手元の資料1によりましてご報告申し上げます。
 本日ご報告申し上げますものは、平成十四年二月一日から平成十四年五月三十一日までの間に契約を締結いたしました、予定価格が一件九億円以上の工事請負契約十件でございます。
 一ページをお開きいただきたいと存じます。本日ご報告申し上げます十件の契約を一覧にした総括表でございます。これら十件は、すべて予定価格の事前公表を実施したものでございます。
 なお、契約年月日は、同一の施工場所の契約を取りまとめましたので、一部が順不同となっております。
 以下、順次契約の概要についてご説明申し上げます。
 二ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、町田市小山町二千二百十五番地先から八王子市南大沢三丁目地先間送水管(一五〇〇ミリメートル)用トンネル築造工事でございます。
 工事の内容は、多摩配水施設整備事業の一環として整備する多摩丘陵幹線のうちの第二工区工事で、送水管を布設するための内径二一五〇ミリメートルのトンネルをシールド工法により築造するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十二億一千五百九十万円、契約の相手方は清水・鉄建建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては三ページに、施工場所の図面につきましては四ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、五ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、鑓水小山給水所から町田市小山町二千二百十五番地先間送水管(一五〇〇ミリメートル)用立坑及びトンネル築造工事でございます。
 工事の内容は、前案件と同じく、多摩配水施設整備事業の一環として整備する多摩丘陵幹線のうちの第一工区工事で、送水管を布設するための立て坑及び内径二一五〇ミリメートルのトンネルをシールド工法により築造するものでございます。先ほどご説明申し上げました第二工区のトンネルと地中接合される予定でございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十三億六千五百万円、契約の相手方は鹿島・東急建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては六ページに、施工場所の図面につきましては七ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、八ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、朝霞浄水場高度浄水施設活性炭吸着池及び後段ろ過池電気計装設備工事でございます。
 ここからの四案件は、いずれも水源及び浄水施設整備事業の一環として、朝霞浄水場内に築造中の高度浄水施設の建設にかかわるものでございます。
 この工事は、活性炭吸着池及び後段ろ過池に電気計装設備の設置を行うものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は二十一億三千百五十万円、契約の相手方は富士電機株式会社でございます。
 入札経過につきましては九ページに、施工場所の図面につきましては一〇ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、一一ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、朝霞浄水場高度浄水施設電気設備工事でございます。
 工事の内容は、朝霞浄水場の高度浄水施設に電源供給を行うための電気設備を設置するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十一億八千六百五十万円、契約の相手方は富士電機株式会社でございます。
 入札経過につきましては一二ページに、施工場所の図面につきましては一三ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、一四ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、朝霞浄水場高度浄水施設後段ろ過池下部集水装置設置工事でございます。
 工事の内容は、朝霞浄水場の高度浄水施設のうち後段ろ過池に下部集水装置の設置を行うものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十三億九千六百五十万円、契約の相手方は日本碍子株式会社でございます。
 入札経過につきましては、一五ページのとおりでございます。施工場所につきましては、一六ページの図面をご参照いただきたいと存じますが、設置場所は図面下の断面図のとおりでございます。
 次に、一七ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、朝霞浄水場高度浄水施設活性炭吸着池下部集水装置設置工事でございます。
 工事の内容は、朝霞浄水場の高度浄水施設のうち活性炭吸着池に下部集水装置の設置を行うものでございます。活性炭吸着池は、先ほどの後段ろ過池の上部に位置しておりまして、この工事で設置する下部集水装置は、活性炭吸着池で処理した水を集めるものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十八億一千六百五十万円、契約の相手方は株式会社クボタでございます。
 入札経過につきましては一八ページに、施工場所の図面につきましては一九ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、二〇ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、八王子市滝山町一丁目地先から宇津木町六百二十番地先間配水本管(八〇〇ミリメートル・七〇〇ミリメートル)新設工事でございます。
 工事の内容は、多摩配水施設整備事業の一環として、推進工法及び開削工法により、配水本管八〇〇ミリメートル及び七〇〇ミリメートルを新設するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十三億六千五百万円、契約の相手方は大林・淺沼建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては二一ページに、施工場所の図面につきましては二二ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、二三ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、仮称大井給水所配水池基礎杭及び土留工事でございます。
 工事の内容は、配水施設整備事業の一環として、大田区東海一丁目に築造する仮称大井給水所の第一期工事として、配水池を整備するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は二十億一千三百九十万円、契約の相手方は大成・東亜建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては二四ページに、施工場所の図面につきましては二五ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、二六ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、上石原浄水所配水池築造工事でございます。
 工事の内容は、多摩配水施設整備事業の一環として、上石原浄水所の配水池容量不足解消のため、配水池を築造するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十五億三千三百万円、契約の相手方は飛島・三井建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては二七ページに、施工場所の図面につきましては二八ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 次に、二九ページをお開きいただきたいと存じます。この契約は、豊住給水所から江東区森下五丁目地先間送水管(一三五〇ミリメートル)用トンネル築造工事でございます。
 工事の内容は、配水施設整備事業の一環として、送水管を布設するための内径二四〇〇ミリメートルのトンネルをシールド工法により築造するものでございます。
 契約の方法は公募制指名競争入札、契約金額は十四億九千六百二十五万円、契約の相手方は西松・大日本建設共同企業体でございます。
 入札経過につきましては三〇ページに、施工場所の図面につきましては三一ページにございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 以上、簡単ではございますが、ご報告申し上げます。よろしくお願いいたします。

○土持委員長 報告は終わりました。
 ただいまの報告に対し、質問等があれば発言願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑は、これをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 異議なしと認めます。よって、本件に対する質疑は終了いたしました。

○土持委員長 次に、みずほ銀行におけるシステム障害とその対応についての報告を聴取いたします。

○小泉総務部長 みずほ銀行におけるシステム障害とその対応につきまして、ご報告申し上げます。
 お手元に配布してございます資料2、みずほ銀行におけるシステム障害とその対応についてをごらんいただきたいと存じます。
 まず、システム障害の影響とその対応でございますが、四月一日の新銀行発足後、システム障害に伴い、口座振替処理の遅延などが発生し、当局においても、水道料金及び下水道料金の口座振替に関して、振替処理及び結果報告の遅延が生じました。そこで、これらに対する暫定的な措置を講ずるとともに、後日、個別の振替結果報告に基づき、再請求等の処理を行いました。
 詳細につきましては、別紙をご参照願います。
 次に、みずほ銀行に対する措置でございますが、口座振替処理が正常化するまでの間、システム障害の復旧状況等について報告と説明を逐次行うよう申し入れるとともに、頭取及び担当役員に対して、出納取扱金融機関としての責任を自覚して業務を遂行するよう、局長から厳重に注意をいたしました。
 また、今後の業務に支障がないかを確認するため、原因と対策について事情聴取を行った結果、根本的な原因については究明中であるものの、システムの運用につきましては正常に行われていることを確認いたしました。
 なお、損害賠償請求につきましては、口座振替処理の遅延等に伴う再請求システムのプログラム作成費や人件費などの経費を精査した上で行う予定です。
 以上、簡単でございますが、ご報告申し上げます。よろしくお願いいたします。

○土持委員長 報告は終わりました。
 ただいまの報告に対し、質問等があれば発言願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑は、これをもって終了したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 異議なしと認めます。よって、報告に対する質疑は終了いたしました。
 以上で水道局関係を終わります。

○土持委員長 これより下水道局関係に入ります。
 理事者からの報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○今里経理部長 工事の請負契約につきましてご報告申し上げます。
 恐れ入りますが、お手元の資料、工事請負契約の締結についてをごらんいただきたいと存じます。
 今回ご報告申し上げますのは、平成十四年一月一日から三月三十一日までの間の予定価格九億円以上の工事請負契約六件でございまして、すべて区部の下水道工事となっております。
 恐れ入りますが、一ページをお開き願います。総括表をお示ししてございます。この総括表によりましてご説明させていただきます。
 まず、土木工事でございます。幹線工事は、第二妙正寺川幹線その二の二工事、十一億九千九百余万円の一件でございます。
 この工事は、浸水被害を軽減するとともに、下水道施設の能力増強を図るために施行するものでございます。
 枝線工事は、台東区三筋二丁目、鳥越二丁目付近再構築その二工事、十二億五千六百余万円外一件で、合計二十四億二千二百余万円でございます。
 これらの工事は、既設管渠の老朽化対策を図るとともに、浸水被害を軽減するために施行するものでございます。
 続いて、設備工事でございます。設備工事は、三河島処理場北系反応タンク設備工事、十二億九千百余万円外二件で、合計三十七億九千余万円でございます。
 これらの工事は、反応タンク設備やその運転のための電気設備、また、ポンプ所の沈砂池機械設備やポンプ設備運転のための電気設備を施行するものでございます。
 土木工事と設備工事の総合計でございますが、一番下の欄にございますとおり、六件で七十四億一千百余万円でございます。
 右側のページには、それぞれの年度別内訳をお示ししてございます。
 なお、この六件の内訳ですが、指名競争入札によるものが四件、随意契約によるものが二件でございます。
 随意契約により契約いたしましたものは、冒頭に申し上げました第二妙正寺川幹線その二の二工事外一件でございます。
 これらの工事は、いずれも現在施行中の工事部分に継続する工事であり、工程管理、経済性などを勘案し、随意契約としたものでございます。
 三ページ以降には、それぞれの工事ごとの契約内容及び入札経過等の詳細を掲げてございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 以上で、簡単ではございますが、契約事項の報告を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

○土持委員長 報告は終わりました。
 ただいまの報告に対し、質問等があれば発言願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 異議なしと認めます。よって、報告に対する質疑は終了いたしました。
 以上で下水道局関係を終わります。

○土持委員長 次に、請願陳情及び特定事件についてお諮りいたします。
 本日まで決定を見ていない請願陳情並びにお手元配布の特定事件調査事項につきましては、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○土持委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。
 なお、閉会中に、会議規則第六十条の規定に基づき委員の派遣が必要となった場合は、その取り扱いを委員長にご一任いただきたいと思います。ご了承をお願い申し上げます。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時二十三分散会

ページ先頭に戻る