ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

警察・消防委員会速記録第五号

平成二十九年五月三十日(火曜日)
第十一委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長田中たけし君
副委員長長橋 桂一君
副委員長吉原  修君
理事山内  晃君
理事高島なおき君
理事酒井 大史君
尾崎 大介君
東村 邦浩君
中嶋 義雄君
川井しげお君
野村 有信君
吉野 利明君
内田  茂君
吉田 信夫君

欠席委員 なし

出席説明員
警視庁警視総監沖田 芳樹君
総務部長石田 勝彦君
警務部長古谷 洋一君
交通部長山本  仁君
警備部長緒方 禎己君
地域部長星野 英彦君
公安部長桑原振一郎君
刑事部長露木 康浩君
生活安全部長田代 芳広君
組織犯罪対策部長内藤 浩文君
総務部参事官企画課長事務取扱金子 伸司君
総務部会計課長高柳 博行君
東京消防庁消防総監高橋  淳君
次長村上 研一君
理事兼警防部長事務取扱松川 茂夫君
企画調整部長安藤 俊雄君
総務部長松井 晶範君
人事部長西村 隆明君
防災部長鈴木 浩永君
救急部長森住 敏光君
予防部長柏木 修一君
装備部長阿出川 悟君
企画調整部企画課長吉田 義実君
企画調整部財務課長西原 良徳君

本日の会議に付した事件
警視庁関係
第二回定例会提出予定案件について(説明)
・警視庁の設置に関する条例の一部を改正する条例
・警視庁神田警察署庁舎(二十九)改築工事請負契約
・警視庁有家族者待機寮駒場住宅(二十九)改築工事請負契約
・ヘリコプターの買入れについて
報告事項(説明・質疑)
・平成二十八年度東京都一般会計予算(警視庁所管分)の繰越しについて
東京消防庁関係
第二回定例会提出予定案件について(説明)
・特別区の消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例
・東京消防庁臨港消防署庁舎(二十九)新築工事請負契約
・ 東京消防庁消防学校第一校舎ほか一か所(二十九)空調設備改修工事請負契約
・エンジン(PT六C-六七C型(ヘリコプター用))の買入れについて

○田中委員長 ただいまから警察・消防委員会を開会いたします。
 初めに、本委員会の担当書記に交代がありましたので、紹介いたします。
 議事課の担当書記の大畑裕樹君です。
 議案法制課の担当書記の吉田瑛爾君です。
 よろしくお願いいたします。
   〔書記挨拶〕

○田中委員長 次に、会期中の委員会日程について申し上げます。
 お手元配布の日程のとおり、理事会において申し合わせましたので、ご了承願います。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、警視庁及び東京消防庁関係の第二回定例会に提出を予定されております案件の説明聴取及び警視庁関係の報告事項の聴取を行います。
 なお、提出予定案件につきましては、本日は説明を聴取し、資料要求をすることにとどめ、質疑は会期中の委員会で行い、報告事項につきましては、説明を聴取した後、質疑を終了まで行いますので、ご了承願います。
 これより警視庁関係に入ります。
 初めに、先般の人事異動に伴い幹部職員に交代がありましたので、警視総監から紹介があります。

○沖田警視総監 先般の人事異動により幹部が交代いたしましたので、ご紹介申し上げます。
 初めに、警務部長古谷洋一でございます。続きまして、総務部参事官企画課長事務取扱金子伸司でございます。
 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。
   〔理事者挨拶〕

○田中委員長 紹介は終わりました。

○田中委員長 次に、第二回定例会に提出を予定されております案件について、理事者の説明を求めます。

○石田総務部長 平成二十九年第二回都議会定例会に提出を予定しております警視庁関係の案件についてご説明をいたします。
 案件は、条例案一件、契約案二件、事件案一件の計四件であります。
 初めに、資料1、警視庁の設置に関する条例の一部を改正する条例案についてご説明いたします。
 本案は、八王子警察署の移転改築に伴い、警視庁の設置に関する条例中、別表第一に定める八王子警察署の位置を、現在の八王子市元横山町二丁目四番十三号から、八王子市元本郷町三丁目十九番一号に改めるものであります。
 現在の八王子警察署は、昭和五十六年に建築され、老朽化が進むとともに、狭隘、耐震性に問題があるなどしたことから、移転先について関係機関と協議を重ね、現庁舎の西方約一千九百メートルに位置する市営団地の跡地を利用し、新庁舎を同地に建設することとしたものであります。
 本条例の施行日は、本年八月下旬の警察署業務開始日を予定しており、新庁舎での業務開始日が確定した時点で公安委員会規則により施行日を定める予定であります。
 次に、資料2、警視庁神田警察署庁舎改築工事請負契約案についてご説明いたします。
 本案は、千代田区が主体となって進めている神田警察通り沿道賑わいガイドラインに基づき、神田錦町北部周辺地区地区計画の見直しが行われたことから、同署を近隣地である東京電機大学跡地に移転改築するものであります。
 新庁舎の概要は、鉄骨造地下二階地上九階建て、延べ床面積約一万六千百平方メートルであります。
 建築工事につきましては、本年度から平成三十二年度までの四カ年計画で、施工業者は、一般競争入札の結果、錢高・TSUCHIYA・東建設共同企業体が四十八億三千五百十六万円で落札をしております。
 次に、資料3、警視庁有家族者待機寮駒場住宅改築工事請負契約案についてご説明いたします。
 本案は、同住宅が昭和三十五年から四十一年にかけて建築された全十一棟からなる住宅で、耐震性に問題があるとともに、経年による老朽化が著しいことから、集約した一棟として現場改築を行うものであります。
 新住宅の概要は、鉄筋コンクリート造地上八階建て、延べ床面積約九千六百平方メートルであります。
 建築工事につきましては、本年度から平成三十一年度までの三カ年計画で、施工業者は、一般競争入札の結果、新日本・西野建設共同企業体が二十一億六千七百六十六万八千円で落札をしております。
 最後に、資料4、ヘリコプターの買入れ案についてご説明をいたします。
 本案は、平成十一年に配備された警察活動用大型ヘリコプター「おおぞら一号」の更新機を買い入れるものであります。
 更新機は、一般競争入札の結果、フランス共和国エアバス・ヘリコプターズ社製AS332L1型ヘリコプターで、買い入れ予定価格は三十六億四百十七万六千円であります。
 更新機は、現有機と比較して安全性がさらに向上しているほか、機体重量の軽減化により、警視庁本部屋上ヘリポートなどにおいても離発着が可能となり、警察活動をより広範囲に展開できるものとなります。
 なお、更新機の配備は平成三十二年三月に完了したいと考えております。
 契約案、事件案ともに、予算措置につきましては、既に本年の第一回定例会でお認めいただいておりますが、本定例会でご承認をいただきましたならば、速やかに契約を締結したいと考えております。
 以上で説明を終わらせていただきます。ご審議よろしくお願いいたします。

○田中委員長 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○田中委員長 なければ、資料要求はなしと確認させていただきます。

○田中委員長 次に、理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○石田総務部長 平成二十八年度予算の翌年度への繰り越しにつきましてご報告申し上げます。お手元の資料、平成二十八年度繰越説明書によりご報告いたします。
 まず、一ページの総括表をごらんください。
 平成二十八年度一般会計予算におきまして、交通安全施設の管理及び整備事業に係る繰越明許費として、合計二億八千四百万円の予算を議決していただきましたが、このうち翌年度に繰り越した金額は一億一千七百十七万円でありました。その財源は国庫支出金及び繰越金であります。
 次に、その理由についてご説明いたします。
 二ページをごらんください。
 記載のとおり、交通安全施設につきまして、道路管理者による関係道路の改良工事等が遅延したため、交通信号機の移設工事等五件、新設工事等十件を翌年度にわたって実施する必要が生じたことによるものであります。
 以上で平成二十八年度予算の翌年度への繰り越しに関するご報告を終わらせていただきます。

○田中委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○田中委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○田中委員長 異議なしと認め、報告事項に対する質疑は終了いたしました。
 以上で警視庁関係を終わります。

○田中委員長 これより東京消防庁関係に入ります。
 初めに、先般の人事異動に伴い幹部職員に交代がありましたので、消防総監から紹介があります。

○高橋消防総監 先般の人事異動によりまして幹部に異動がありましたので、紹介させていただきます。
 理事の松川茂夫です。総務部長の松井晶範です。救急部長の森住敏光です。財務課長の西原良徳です。
 よろしくお願いいたします。
   〔理事者挨拶〕

○田中委員長 紹介は終わりました。

○田中委員長 次に、第二回定例会に提出を予定されております案件につきまして、理事者の説明を求めます。

○村上次長 平成二十九年第二回都議会定例会に提出を予定しております東京消防庁関係の案件は、条例案が一件、契約案が二件、事件案が一件の計四件でございます。
 お手元の資料によりましてご説明いたします。
 初めに、資料1の特別区の消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例案についてご説明いたします。
 本案は、本年四月一日に非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、特別区の消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正するものでございます。
 資料1の四ページをごらんください。
 第五条第三項は、消防団員等が死亡もしくは負傷した場合の補償基礎額の加算額を定めたもので、第二号及び第三号において扶養親族の加算対象区分を改正するとともに、加算額を改正するもので、第一号に規定しております配偶者に該当する扶養親族については三百三十三円に、第二号に規定しております子に該当する扶養親族については一人につき二百六十七円に、配偶者がいない一人目の子に該当する扶養親族については三百三十三円に、第三号から第六号までに規定しておりますその他の扶養親族のうち配偶者及び子がいない一人目については三百円にそれぞれ改正するほか、所要の文言整理を行うものであります。
 なお、附則についてでございますが、第一項につきましては施行日を定めたもので、公布の日を予定しており、第二項につきましては経過措置を定めたものでございます。
 次に、契約案でございますが、資料2によりまして、東京消防庁臨港消防署庁舎(二十九)新築工事請負契約案についてご説明いたします。
 旧庁舎は、竣工から五十三年が経過した庁舎を平成二十一年に取り壊し、その後、仮庁舎で運用しているところでございますが、今回、別地において、おおむね二年の工期で新築するものであります。
 財務局におきまして一般競争入札を行い、落札金額二十三億五千百五万二千円にて、関東・中林建設共同企業体を落札者として決定いたしました。
 次に、資料3によりまして、東京消防庁消防学校第一校舎ほか一か所(二十九)空調設備改修工事請負契約案についてご説明いたします。
 消防学校第一校舎及び西原寮は、竣工から二十一年が経過し、老朽化していることから、機能維持のため、おおむね三年の工期で建物の空調設備の改修工事を実施するものでございます。
 財務局におきまして一般競争入札を行い、落札金額十五億六千四百九十四万五百二十円にて、菱和・エルゴ・大和管建設共同企業体を落札者として決定いたしました。
 なお、契約案二件とも都議会のご承認を得られましたならば、正式に工事請負契約を締結する予定でございます。
 最後に、事件案でございますが、資料4によりまして、ヘリコプター用エンジン(PT六C-六七C型)の買入れ案についてご説明いたします。
 本案は、平成二十八年度に更新いたしましたヘリコプター「ちどり」の予備エンジンを買い入れるものでございまして、エンジンにふぐあいが発生した場合に、ヘリコプターの継続した運用を可能とするため買い入れをお願いするものでございます。
 買い入れ予定価格は二億八千八百三十六万円で、本件につきましても都議会のご承認が得られましたならば、正式に契約を締結する予定でございます。
 以上、大変雑駁ではございますが、第二回定例会に提出を予定しております案件の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

○田中委員長 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○田中委員長 なければ、資料要求はなしと確認させていただきます。
 以上で東京消防庁関係を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時十四分散会

ページ先頭に戻る