ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

警察・消防委員会速記録第五号

平成二十二年五月二十八日(金曜日)
第十一委員会室
   午後一時開議
 出席委員 十四名
委員長石森たかゆき君
副委員長東村 邦浩君
副委員長酒井 大史君
理事古館 和憲君
理事吉野 利明君
理事和田 宗春君
土屋たかゆき君
ともとし春久君
中嶋 義雄君
宮崎  章君
比留間敏夫君
山下 太郎君
大沢  昇君
田中  良君

 欠席委員 なし

 出席説明員
警視庁警視総監池田 克彦君
副総監犯罪抑止対策本部長事務取扱岩瀬 充明君
総務部長小谷  渉君
警務部長辻  義之君
交通部長鈴木 基久君
警備部長久我 英一君
地域部長臼井 祐一君
公安部長青木 五郎君
刑事部長高綱 直良君
生活安全部長山下 史雄君
組織犯罪対策部長毛利 徹也君
総務部企画課長駒田 茂生君
総務部会計課長萩原 國男君
東京消防庁消防総監新井 雄治君
次長人事部長事務取扱北村 吉男君
企画調整部長大江 秀敏君
総務部長佐藤 直記君
警防部長佐藤 康雄君
防災部長伊藤 克巳君
救急部長荒井 伸幸君
予防部長有賀雄一郎君
装備部長石井 義明君
企画調整部企画課長徳留 壽一君
企画調整部財務課長土屋 雅義君

本日の会議に付した事件
理事の互選
警視庁関係
 第二回定例会提出予定案件について(説明)
・警視庁青梅警察署庁舎(二十二)改築工事請負契約
・心臓衝撃装置(自動体外式除細動器)外一種の買入れについて
 陳情の審査
(1)二二第二六号 インターネット端末利用営業の規制に関する条例への反対に関する陳情
 報告事項(説明・質疑)
・平成二十一年度東京都一般会計予算(警視庁所管分)の繰越しについて
東京消防庁関係
 報告事項(説明・質疑)
・平成二十一年度東京都一般会計予算(東京消防庁所管分)の繰越しについて

○石森委員長 ただいまから警察・消防委員会を開会いたします。
 初めに、委員の所属変更について申し上げます。
 議長から、去る四月二十日付で吉田信夫議員が本委員会から総務委員会に所属変更になり、新たに古館和憲議員が総務委員会から本委員会に所属変更になった旨、議長から通知がありましたので、ご報告いたします。
 この際、古館和憲委員をご紹介いたします。

○古館委員 どうぞよろしくお願いします。

○石森委員長 よろしくお願いいたします。

○石森委員長 次に、吉田信夫理事の所属変更に伴い、理事一名が欠員になりましたので、これより理事一名の互選を行います。
 互選の方法はいかがいたしましょうか。

○山下委員 委員長の指名推選の方法によることとし、直ちに指名していただきたいと思います。

○石森委員長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 異議なしと認めます。よって、理事には古館和憲委員をご指名申し上げます。
 これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 異議なしと認めます。よって、理事には古館和憲委員が当選されました。
 なお、議席につきましては、ただいまご着席のとおりといたしたいと思いますので、ご了承願います。

○石森委員長 次に、本委員会の会期中の日程について申し上げます。
 先ほどの理事会におきまして、お手元配布の日程のとおり申し合わせましたので、ご了承願います。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、警視庁関係の第二回定例会に提出を予定されております案件の説明聴取、陳情の審査並びに警視庁及び東京消防庁関係の報告事項の聴取を行います。
 なお、提出予定案件につきましては、本日は説明を聴取し、資料要求をすることにとどめ、質疑は会期中の委員会で行い、報告事項につきましては、説明聴取の後、質疑を終了まで行います。ご了承願います。
 これより警視庁関係に入ります。
 初めに、先般の人事異動に伴い、警視庁の幹部職員に交代がありましたので、警視総監から紹介があります。

○池田警視総監 先般の人事異動により幹部が交代いたしましたので、ご紹介申し上げます。
 副総監犯罪抑止対策本部長事務取扱岩瀬充明でございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
   〔理事者あいさつ〕

○石森委員長 紹介は終わりました。

○石森委員長 次に、第二回定例会に提出を予定されております案件について、理事者の説明を求めます。

○小谷総務部長 平成二十二年第二回都議会定例会に提出を予定しております警視庁関係の案件についてご説明を申し上げます。
 案件は、契約案一件、事件案一件の計二件でございます。
 初めに、お手元の資料第1、警視庁青梅警察署庁舎改築工事請負契約案についてご説明を申し上げます。
 青梅警察署庁舎は、昭和四十六年に建設されましたが、経年による老朽化、そして事件対策室や証拠品保管庫などを確保することに伴う庁舎の狭隘化が進み、警察業務運営に支障を来しております上、耐震性にも問題がありますことから、現庁舎と同じ敷地内で改築するものでございます。
 本工事では、庁舎棟、車庫棟などを建築いたしますが、庁舎棟は、鉄骨鉄筋コンクリートづくり、地下二階地上四階建て、延べ床面積約七千六百五十平方メートルであり、車庫棟などを含めた新庁舎の総延べ床面積は約八千五百平方メートルになります。
 また、一般建築物の一・五倍以上の耐震性を確保するとともに、非常時の設備などを充実させ、災害発生時の活動拠点としての機能を十分に発揮できる庁舎となります。
 建築工事の期間につきましては、本年度から平成二十六年一月までの四カ年計画で、去る四月二日に行われました一般競争入札の結果、西松・中村建設共同企業体が十四億一千五百九十二万五千円で落札をいたしております。
 本工事に係る予算措置につきましては、既に本年の第一回都議会定例会においてお認めいただいているところでございますが、本案は、電気、機械設備等の附帯工事を除いた本体工事を対象とするものでございます。
 今定例会でご承認をいただきましたならば、速やかに契約を締結し、着工いたしたいと考えております。
 次に、お手元の資料第2、心臓衝撃装置(自動体外式除細動器)外一種の買入れ案についてご説明を申し上げます。
 本案は、交番や駐在所等への設置を予定しております、いわゆるAEDの購入をお願いするものでございます。
 当庁では、既に全警察署や運転免許試験場等にAEDを設置しておりますが、まちじゅうに点在する交番や駐在所等にも設置することにより、より迅速な救命措置を行うことが可能となります。
 設置場所につきましては、交番勤務員が不在の場合でも利用できますよう、どなたでも出入りできます交番の事務室とし、専用の収容ボックス内に設置をいたします。
 予算につきましては、さきの第一回都議会定例会でご承認いただいておりますが、四月二十六日に行われました一般競争入札の結果、買い入れ予定価格は、予算額内の九千五百三十六万一千円となりました。
 今定例会でご承認をいただきましたならば、速やかに契約を締結し、平成二十三年三月を目途に順次配備してまいりたいと考えております。
 以上で、今定例会に提出を予定しております案件の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願いいたします。

○石森委員長 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方はご発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 なければ、資料要求はなしと確認させていただきます。

○石森委員長 これより陳情の審査を行います。
 二二第二六号、インターネット端末利用営業の規制に関する条例への反対に関する陳情を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○山下生活安全部長 陳情二二第二六号についてご説明いたします。
 本陳情は、インターネット端末利用営業の規制に関する条例の撤回、廃案を求めているものであります。
 初めに、通信端末機器特定記録等に関するご指摘についてでありますが、当該記録事項については、条例施行規則第十五条において、顧客番号その他の顧客の本人確認記録を検索するための事項、通信端末機器の番号その他の顧客に提供した通信端末機器を特定するための事項、顧客が入店した日付及び時刻、顧客が退店した日付及び時刻と規定されており、顧客が閲覧したウエブサイト等の内容や履歴あるいは送受信した相手先履歴等の通信内容に係る履歴については、記録の作成、保存の対象とはしておりません。
 次に、いわゆるネットカフェ難民に関するご指摘についてでありますが、本条例は、ネットカフェ難民の排除を目的としているわけではなく、あくまで犯罪企図者にとって犯行のやりにくい環境を整備して、都民が安全に安心してインターネットを利用できる環境を保持することを目的としています。
 また、身分証については、条例施行規則第八条において、運転免許証以外にも、健康保険証、健康保険日雇特例被保険者手帳、戸籍の附票の写しが添付されている戸籍抄本、雇用保険受給資格者証等のように、官公庁から発給されたもので顧客の氏名、住居及び生年月日の記載があるものについても、本人確認書類として規定されております。したがって、いわゆるネットカフェ難民についても、かなり多くの方が利用できると考えています。
 このような身分証を全く持っていないという一部の方については、条例による反射的効果として、結果的に利用できなくなることはあり得ますが、いわゆるネットカフェ難民も含めた就労の保障や居住場所の確保については、これまでも東京都の福祉行政部局等において一定の取り組みがなされていると承知しております。
 今後、関係部局とも適切に連携しながら、都民が安全に安心してインターネットを利用できる環境の保持に努めてまいります。
 最後に、警察の立ち入りに関するご指摘についてでありますが、条例第十二条第二項における警察職員による立ち入りは、犯罪捜査のために行うものではなく、行政調査のために行うものであり、条例の施行に必要な限度において、インターネット端末利用営業者による義務の履行を図るため、他の行政法規と同様に必要な制度であると考えております。

○石森委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。

○古館委員 それでは、陳情に対する意見を述べたいと思います。
 二二第二六号、インターネット端末利用営業の規制に関する条例への反対に関する陳情につきましてですが、採択の立場から意見を述べます。
 ネットカフェ営業者に利用者の本人確認を義務づける条例は、第一回定例会で可決されたところであります。我が党は、ネットカフェ犯罪防止や摘発は必要だと考えますが、本条例は、利用者の個人情報の閲覧の権限を警察に与えることで、基本的人権が侵害される危険があることや、ネットカフェ難民が排除される事態を生みかねないことから、反対したところであります。
 よって我が党は、二二第二六号、インターネット端末利用営業の規制に関する条例への反対に関する陳情については、採択を主張いたします。
 以上です。

○石森委員長 ほかにございますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 なければ、これより採決を行います。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件は、採択とすることに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○石森委員長 起立少数と認めます。よって、陳情二二第二六号は不採択と決定いたしました。
 以上で陳情の審査を終わります。

○石森委員長 次に、理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○小谷総務部長 平成二十一年度予算の翌年度への繰り越しにつきまして、お手元の資料、平成二十一年度繰越説明書によりご報告を申し上げます。
 一ページの総括表をごらんください。
 平成二十一年度一般会計予算におきまして、交通安全施設の管理及び整備事業に係る繰越明許費として、合計二億五千二百万円の予算を議決していただきましたが、このうち翌年度に繰り越した金額は一億二千四百三十六万八千円でございます。その財源は繰越金でございます。
 繰り越しの事由は二ページに記載のとおり、道路管理者による関係道路の改良工事が遅延したため、交通信号機の移設工事七件、新設等の工事十件を翌年度にわたって実施する必要が生じたことによるものでございます。
 以上で、平成二十一年度予算の翌年度への繰り越しに関するご報告を終わらせていただきます。

○石森委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 ご発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 異議なしと認め、報告事項に対する質疑は終了いたしました。
 以上で警視庁関係を終わります。

○石森委員長 これより東京消防庁関係に入ります。
 初めに、先般の人事異動に伴い、東京消防庁の幹部職員に交代がありましたので、消防総監から紹介があります。

○新井消防総監 先般の人事異動によりまして幹部に異動がありましたので、紹介させていただきます。
 総務部長の佐藤直記です。企画調整部長の大江秀敏です。救急部長の荒井伸幸です。防災部長の伊藤克巳です。警防部長の佐藤康雄です。
 どうぞよろしくお願いいたします。
   〔理事者あいさつ〕

○石森委員長 紹介は終わりました。

○石森委員長 次に、理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○北村次長 平成二十一年度予算の翌年度への繰り越しにつきまして、お手元の資料、平成二十一年度繰越説明書によりご報告いたします。
 表紙をおめくりください。
 事故繰越でございますが、地方自治法第二百二十条第三項ただし書きに、契約等の支出負担行為を済ませた後に避けがたい事故のため年度内に支出が終わらなかった経費につきまして、これを翌年度に繰り越して使用することができるとされております。これに基づき繰り越しました金額は一千七百九十七万六千円で、その財源は、国庫支出金及び繰越金でございます。
 その事由につきましてご説明いたします。右側説明欄をごらんください。
 防火水槽新設工事におきまして、工事請負業者から、工事の継続が困難であることを理由に平成二十二年三月になって契約解除の願いがあり、契約を解除いたしました。これに伴います残りの工事の調整には日時を要し、年度内での工事の完了ができないことから、この工事を完了する費用を本年度に繰り越したものでございます。
 なお、本年四月末には、途中であった工事は完了しております。
 以上で、平成二十一年度予算の翌年度への繰り越しに関しまして、ご報告を終わらせていただきます。

○石森委員長 報告は終わりました。
 これより本件に対する質疑を行います。
 ご発言をお願いいたします。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 なければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○石森委員長 異議なしと認め、報告事項に対する質疑は終了いたしました。
 以上で東京消防庁関係を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時十八分散会

ページ先頭に戻る