ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

警察・消防委員会速記録第十二号

平成十五年十一月二十八日(金曜日)
第十一委員会室
   午後一時十一分開議
 出席委員 十三名
委員長服部ゆくお君
副委員長大木田 守君
副委員長小林 正則君
理事こいそ 明君
理事新藤 義彦君
理事秋田かくお君
野田 和男君
清原錬太郎君
田中  良君
石井 義修君
藤井 富雄君
三田 敏哉君
名取 憲彦君

 欠席委員 なし

 出席説明員
警視庁警視総監石川 重明君
総務部長佐藤 正夫君
警務部長岩橋  修君
交通部長渡辺  晃君
警備部長池田 克彦君
地域部長伊藤 信義君
公安部長伊藤 茂男君
刑事部長縄田  修君
生活安全部長友渕 宗治君
組織犯罪対策部長宮本 和夫君
総務部企画課長鹿倉 則彰君
総務部会計課長石田 唱司君
東京消防庁消防総監白谷 祐二君
次長予防部長事務取扱関口 和重君
総務部長水崎 保男君
人事部長佐竹 哲男君
警防部長尾崎 研哉君
防災部長小林 輝幸君
救急部長鈴木 正弘君
指導広報部長浅野 幸雄君
装備部長本山 良介君
総務部企画課長佐藤 直記君
総務部経理課長野原 英司君

本日の会議に付した事件
 警視庁関係
  事務事業について(質疑)
  請願陳情の審査
  (1)一五第三六号の二 「東京都ヤミ金融対策会議」の設置、相談活動の充実、取締りの強化に関する請願
  (2)一五第四二号   池袋駅東口交番の移転反対に関する請願
  (3)一五第四五号   渋谷区神宮前住宅密集地域の自動二輪による違法行為並びに騒音公害に関する陳情
 東京消防庁関係
  事務事業について(質疑)

○服部委員長 ただいまから警察・消防委員会を開会いたします。
 初めに、当委員会の会期中及び今後の委員会日程について申し上げます。
 お手元配布の日程のとおり、理事会において申し合わせましたので、ご了承願います。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、警視庁及び東京消防庁関係の事務事業に対する質疑並びに警視庁関係の請願陳情の審査を行います。
 これより警視庁関係に入ります。
 事務事業に対する質疑を行います。
 本件については既に説明を聴取しておりますので、直ちに質疑を行います。
 発言を願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 異議なしと認め、事務事業に対する質疑は終了いたしました。

○服部委員長 次に、請願陳情の審査を行います。
 初めに、一五第三六号の二、「東京都ヤミ金融対策会議」の設置、相談活動の充実、取締りの強化に関する請願を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○友渕生活安全部長 資料の整理番号1により、一五第三六号の二、「東京都ヤミ金融対策会議」の設置、相談活動の充実、取締りの強化に関する請願につきましてご説明申し上げます。
 本請願の趣旨は、市民生活の安全を守るという立場に立ち、ヤミ金融業者の脅迫的な取り立て、詐欺、出資法違反及び無登録営業などの苦情について、被害届の受理などを含め適切に処理してもらいたい、また、ヤミ金融取り締まりの強化のため、第一線の警察官全員にヤミ金融対策の教育を徹底するとともに、警視庁生活安全部生活経済課や各所轄署生活安全課の警察官を大幅に増員してもらいたいというものであります。
 当庁では、悪質な金融業に係るさまざまな苦情、相談に迅速かつ適切に対応しており、特に高金利事犯等の犯罪構成要件を備えている場合には、積極的な事件化を図っております。
 また、第一線の警察官に対するヤミ金融対策に関する教養につきましては、担当者の会議、相談マニュアルの配布、執務資料による教養等を行い、その周知徹底を図っております。
 さらに、本年十月一日、生活安全部生活経済課内に警視庁金融犯罪対策室を新設して、捜査員を増員し、警察署と連携したヤミ金融事犯の取り締まり体制を強化したところであります。
 今後も、各種法令を適用して悪質金融事犯の取り締まりを徹底してまいります。

○服部委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件は、趣旨採択とすることにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 異議なしと認めます。よって、請願一五第三六号の二は趣旨採択と決定いたしました。

○服部委員長 次に、一五第四二号、池袋駅東口交番の移転反対に関する請願を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○伊藤地域部長 資料整理番号2により、一五第四二号、池袋駅東口交番の移転反対に関する請願につきましてご説明を申し上げます。
 本請願の要旨は、豊島区、警視庁及び地域住民の相互協力による、差し迫った現実性のある防犯対策の根本として、池袋駅東口交番を移転しないでいただきたいというものであります。
 当庁といたしましては、平成十四年第一回都議会定例会の警察・消防委員会において審査された、池袋駅東口グリーン大通りの東口五差路地点付近への交番設置等に関する陳情の審査結果を踏まえ、池袋駅東側地域における治安実態に基づく効果的かつ効率的な警察活動に資するための交番運用のあり方について、豊島区等の関係機関と慎重に協議を重ねてまいりました。
 その結果、地域全体の治安対策上の観点から、池袋駅東口交番を現在の場所から南方向に約百六十メートル離れた、音羽通りと明治通りが交差する池袋駅東口交差点付近に移転して大型化することにし、平成十六年度の予算要求に至っております。
 新交番は、パトカーの駐車場所を確保することにより、従前にも増して交番勤務員が機動力を有するパトカーと連携した警察活動を展開できること、池袋駅東口のほぼ正面に位置するため、駅利用者からの視認性が格段に向上するほか、交番利用者の利便がより図られること、池袋駅東口周辺に所在する六つ又交番、東池袋交番との位置関係がより適切なものとなり、交番相互の連携がさらに強化されることなどにより、池袋駅東側の地域全体における治安対策上有効であることから、地域の方々のご理解をいただいているところでございます。

○服部委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 なければ、お諮りいたします。
 本件は、不採択とすることにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 異議なしと認めます。よって、請願一五第四二号は不採択と決定いたしました。

○服部委員長 次に、一五第四五号、渋谷区神宮前住宅密集地域の自動二輪による違法行為並びに騒音公害に関する陳情を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○渡辺交通部長 資料整理番号3により、一五第四五号、渋谷区神宮前住宅密集地域の自動二輪による違法行為並びに騒音公害に関する陳情につきましてご説明申し上げます。
 本陳情の要旨は、渋谷区神宮前六丁目周辺の住宅密集地域における、自動二輪車による公道を不法占拠する違法駐輪、一方通行区間の標識無視、夜間を問わない大型バイクの騒音の取り締まりを強化していただきたいというものであります。
 取り締まり要望場所は、明治通りと平行して南北に走る道路幅員約三メートルの一方通行路で、美容院、洋服店が建ち並ぶ、通称裏原宿と呼ばれているところであり、昼夜間ともに車両や歩行者の通行量が比較的多いところであります。
 同所は自動二輪車の違法な駐車も多い実態にあることから、当庁では、これまで以上に、これら違法駐車に対する指導警告を徹底するとともに、取り締まりを強化することといたします。
 また、一方通行区間の標識無視、夜間を問わない大型バイクの騒音対策につきましては、予告標識の設置や道路標示等の補修を行うなど、交通規制の内容をより明確にするとともに、取り締まりを強化してまいります。

○服部委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件は、採択とすることにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 異議なしと認めます。よって、陳情一五第四五号は採択と決定いたしました。
 なお、本日審査いたしました請願陳情中、採択と決定いたしました分につきましては、その処理の経過及び結果について報告を請求することにいたしますので、ご了承願います。
 請願陳情の審査を終わります。
 以上で警視庁関係を終わります。

○服部委員長 これより東京消防庁関係に入ります。
 事務事業に対する質疑を行います。
 本件については、既に説明を聴取しておりますので、直ちに質疑を行います。
 発言を願います。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件に対する質疑はこれをもって終了いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○服部委員長 異議なしと認め、事務事業に対する質疑は終了いたしました。
 以上で東京消防庁関係を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を曜日)
   午後一時二十三分散会

ページ先頭に戻る