本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

総務委員会速記録第十八号

平成十九年十二月十四日(金曜日)
第一委員会室
   午後一時開議
 出席委員 十四名
委員長酒井 大史君
副委員長鈴木 隆道君
副委員長花輪ともふみ君
理事小磯 善彦君
理事松村 友昭君
理事林田  武君
後藤 雄一君
山口 文江君
遠藤  守君
尾崎 大介君
菅  東一君
倉林 辰雄君
吉野 利明君
大沢  昇君

 欠席委員 なし

 出席説明員
知事本局局長大原 正行君
次長河島  均君
企画調整部長川澄 俊文君
青少年・治安対策本部本部長久我 英一君
総合対策部長百合 一郎君
東京オリンピック招致本部本部長荒川  満君
次長松田 二郎君
企画部長並木 一夫君
総務局局長押元  洋君
総務部長岳野 尚代君
選挙管理委員会事務局局長梶原 康二君
人事委員会事務局局長矢口 幸一君
任用公平部長川村 栄一君
試験室長内藤 泰樹君
監査事務局局長白石弥生子君

本日の会議に付した事件
 意見書について
付託議案の審査(決定)
・第百八十六号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
・第百八十七号議案 東京都の一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例
・第百八十八号議案 東京都の一般職の任期付研究員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例
・第百八十九号議案 職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
・第百九十号議案  職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
・第百九十一号議案 東京都職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例
請願陳情の継続審査について
特定事件の継続調査について

○酒井委員長 ただいまから総務委員会を開会いたします。
 初めに、先般の人事異動に伴い、新たに就任いたしました東京オリンピック招致本部の幹部職員、及び交代のあった人事委員会事務局の幹部職員について紹介があります。

○荒川東京オリンピック招致本部長 さきの人事異動に伴い就任いたしました当本部の幹部職員を紹介させていただきます。
 当本部次長の松田二郎でございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 〔理事者あいさつ〕

○矢口人事委員会事務局長 さきの人事異動により交代のございました当局の幹部職員についてご紹介いたします。
 十二月一日付で試験室長に就任いたしました内藤泰樹でございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
   〔理事者あいさつ〕

○酒井委員長 紹介は終わりました。

○酒井委員長 次に、意見書について申し上げます。
 過日の委員会で理事会にご一任いただきました意見書二件のうち、一件につきましては、お手元配布の案文のとおり調整いたしました。
 案文の朗読は省略いたします。

硫黄島旧島民の宿泊墓参への支援に関する意見書(案)
 太平洋戦争の激戦地であった硫黄島では、昭和十九年に当時の島民一千人余りが強制疎開となった。
 都では、強制疎開後、故郷に帰島できない旧島民のため、硫黄島への墓参事業を昭和五十四年度から実施してきている。
 現在、年二回、自衛隊機による日帰り墓参を実施しているが、滞在時間四時間という限られた時間で慌ただしく島内を巡る行程のため、高齢化の進む旧島民にとっては、体力的に極めて厳しく、宿泊による墓参の実現が強く求められている。
 現在実施している日帰り墓参については、防衛省による支援・協力を得て実施していることから、宿泊墓参の実現に当たっては、輸送支援や施設の確保など、国の全面的な支援が不可欠である。
 よって、東京都議会は、国会及び政府に対し、旧島民の心情を斟酌(しんしゃく)した宿泊墓参を実現するため、積極的な支援を行うよう強く要請する。
 以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。
  平成十九年十二月 日
東京都議会議長 比留間敏夫
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
国土交通大臣
防衛大臣  あて 

○酒井委員長 本件は、議長あて提出の手続をとりたいと思いますので、ご了承願います。
 なお、その他の意見書につきましては、調整がつかなかった旨、議長へ報告すべきとの結論になりましたので、ご了承願います。

○酒井委員長 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、付託議案の審査並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百八十六号議案から第百九十一号議案までを一括して議題といたします。
 本案につきましては、いずれも既に質疑を終了いたしております。
 これより採決を行います。
 第百八十六号議案から第百九十一号議案までを一括して採決いたします。
 お諮りをいたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○酒井委員長 異議なしと認めます。よって、百八十六号議案から第百九十一号議案までは、いずれも原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。

○酒井委員長 次に、請願陳情及び特定事件についてお諮りいたします。
 本日まで決定を見ていない請願陳情並びにお手元配布の特定事件調査事項につきましては、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○酒井委員長 異議なしと認め、そのように決定をいたしました。

○酒井委員長 この際、所管七局を代表いたしまして、押元総務局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○押元総務局長 当委員会所管の七局を代表いたしまして一言お礼を申し上げます。
 ただいま本定例会にご提案を申し上げておりました議案につきましてご決定を賜り、まことにありがとうございました。
 この間にちょうだいいたしました貴重なご意見、ご要望等につきましては、可能な限り今後の都政運営に生かしてまいります。今後ともよろしくご指導、ご鞭撻のほどをお願い申し上げまして、甚だ簡単でございますが、お礼の言葉とさせていただきます。
 ありがとうございました。

○酒井委員長 発言は終わりました。
 以上をもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時四分散会

ページ先頭に戻る