ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

財政委員会速記録第十三号

令和元年九月十三日(金曜日)
第二委員会室
午後一時開議
出席委員 十三名
委員長大松あきら君
副委員長早坂 義弘君
副委員長おじま紘平君
理事池川 友一君
理事石川 良一君
理事山田ひろし君
伊藤こういち君
清水やすこ君
つじの栄作君
秋田 一郎君
小磯 善彦君
大場やすのぶ君
清水ひで子君

欠席委員 なし

出席説明員
財務局局長武市  敬君
経理部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務初宿 和夫君
主計部長山田 忠輝君
主税局局長塩見 清仁君
総務部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務大久保哲也君
会計管理局局長佐藤  敦君
管理部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務松丸 俊之君
収用委員会事務局局長斎藤 真人君

本日の会議に付した事件
付託議案の審査(決定)
・第百七十七号議案 都立永山高等学校(三十一)改築工事請負契約
・第百七十八号議案 都立立川学園特別支援学校(仮称)(三十一)増築工事請負契約
・第百七十九号議案 東京消防庁北多摩西部消防署庁舎(三十一)改築工事請負契約
・第百八十号議案  中川護岸耐震補強工事(その四十七)請負契約
特定事件の継続調査について

○大松委員長 ただいまから財政委員会を開会いたします。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、付託議案の審査及び特定事件の閉会中の継続調査の申し出の決定を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百七十七号議案から第百八十号議案までを一括して議題といたします。
 本案については、いずれも既に質疑を終了しております。
 なお、契約議案につきましては、事業所管の常任委員会からお手元配布のとおり調査の報告がありました。
 朗読は省略いたします。ご了承願います。

令和元年九月十二日
文教委員長 とや英津子
財政委員長 大松あきら殿
   契約議案の調査について(報告)
 九月十日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。
     記
1 調査議案
 第百七十七号議案 都立永山高等学校(三十一)改築工事請負契約
 第百七十八号議案 都立立川学園特別支援学校(仮称)(三十一)増築工事請負契約
2 調査結果
 全議案に対し異議はありません。

令和元年九月十二日
環境・建設委員長 栗下 善行
財政委員長 大松あきら殿
   契約議案の調査について(報告)
 九月十日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。
     記
1 調査議案
 第百八十号議案 中川護岸耐震補強工事(その四十七)請負契約
2 調査結果
 本議案に対し異議はありません。

令和元年九月十二日
警察・消防委員長 石毛しげる
財政委員長 大松あきら殿
   契約議案の調査について(報告)
 九月十日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。
     記
1 調査議案
 第百七十九号議案 東京消防庁北多摩西部消防署庁舎(三十一)改築工事請負契約
2 調査結果
 異議はありません。

○大松委員長 これより採決を行います。
 第百七十七号議案から第百八十号議案までを一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○大松委員長 異議なしと認めます。よって、第百七十七号議案から第百八十号議案までは、いずれも原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。

○大松委員長 次に、特定事件についてお諮りいたします。
 お手元配布の特定事件調査事項につきましては、閉会中の継続調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○大松委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

○大松委員長 この際、所管四局を代表いたしまして、武市財務局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○武市財務局長 所管四局を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。
 本定例会に提案いたしました議案につきまして、それぞれご審議の上、ただいまご決定をいただき、まことにありがとうございました。
 付託議案及び報告事項のご審議の過程で委員の皆様方から賜りました貴重なご指摘、ご意見につきましては、十分に尊重させていただき、今後の事務事業の執行に万全を期してまいりたいと存じます。
 昨年の十月以来、大松委員長を初め委員の皆様方には、私どもが所管しております事務事業につきまして、さまざまな視点から熱心にご審議をいただきました。
 今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。どうもありがとうございました。

○大松委員長 発言は終わりました。
 この際、私からも一言ご挨拶を申し上げます。
 この一年間、おじま副委員長、早坂副委員長、理事、委員の皆様方、そして理事者の皆様方のご理解とご協力をいただきまして、無事職責を全うすることができました。皆様方に心より御礼を申し上げます。まことにありがとうございます。
 財政委員会は、都政のかなめの委員会であり、今後もその重要性はより増していくものと思います。財務局、主税局、会計管理局、収用委員会事務局の皆様方におかれましては、ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 そして、議事運営にご協力をいただきました書記の皆様方に心より御礼を申し上げます。まことにありがとうございました。
 結びに、委員各位の皆様方の一層のご活躍をご祈念申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。皆様方、本当にありがとうございました。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時三分散会

ページ先頭に戻る