ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

財政委員会速記録第三号

平成二十五年三月五日(火曜日)
第二委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長吉住 健一君
副委員長神野 吉弘君
副委員長たぞえ民夫君
理事高倉 良生君
理事高木 けい君
理事増子 博樹君
近藤  充君
福士 敬子君
菅  東一君
鈴木 隆道君
興津 秀憲君
長橋 桂一君
今村 るか君
和田 宗春君

欠席委員 なし

出席説明員
財務局局長中井 敬三君
経理部長桜井  務君
主計部長武市  敬君
主税局局長新田 洋平君
総務部長田倉 英明君
会計管理局局長松田 芳和君
管理部長土渕  裕君
収用委員会事務局局長醍醐 勇司君

本日の会議に付した事件
付託議案の審査(決定)
・第百三十六号議案 平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第三号)中、予算総則、歳入、歳出・繰越明許費―財政委員会所管分、都債
・第百四十二号議案 平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第四号)中、予算総則、歳入
・第百十八号議案 都営住宅二十四H―一一四東(江戸川区船堀一丁目第二)工事請負契約
・第百十九号議案 都営住宅二十四H―一一〇東(北区神谷二丁目)工事請負契約
・第百二十号議案 都立足立高等学校(二十四)改修及び改築工事請負契約
・第百二十一号議案 都立荏原看護専門学校(二十四)改築工事請負契約
・第百二十二号議案 都立日比谷高等学校(二十四)校舎棟改修工事請負契約
・第百二十三号議案 東京消防庁八王子消防署庁舎(二十四)新築工事請負契約
・第百二十四号議案 平成二十四年度十号地その二多目的内貿岸壁(-(マイナス)八・五m)桟橋整備工事請負契約
・第百二十五号議案 環二勝どき高架橋(仮称)鋼けた及び鋼製橋脚製作・架設工事(二十四一―環二築地)請負契約

○吉住委員長 ただいまから財政委員会を開会いたします。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、中途議決に係る付託議案の審査を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百三十六号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第三号)中、予算総則、歳入、歳出、繰越明許費、財政委員会所管分、都債、第百四十二号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第四号)中、予算総則、歳入及び第百十八号議案から第百二十五号議案までを一括して議題といたします。
 本案については、いずれも既に質疑を終了しております。
 なお、付託議案中、第百十八号議案から第百二十五号議案までの契約議案については、事業所管の常任委員会から、お手元配布のとおり、調査の報告がありました。
 朗読は省略いたします。ご了承願います。

平成二十五年三月四日
文教委員長 畔上三和子
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百二十号議案 都立足立高等学校(二十四)改修及び改築工事請負契約
第百二十二号議案 都立日比谷高等学校(二十四)校舎棟改修工事請負契約
2 調査結果
全議案に対し異議はありません。

平成二十五年三月四日
都市整備委員長 山口  拓
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百十八号議案 都営住宅二十四H―一一四東(江戸川区船堀一丁目第二)工事請負契約
第百十九号議案 都営住宅二十四H―一一〇東(北区神谷二丁目)工事請負契約
2 調査結果
全議案に対し異議はありません。

平成二十五年三月四日
厚生委員長 大津 浩子
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百二十一号議案 都立荏原看護専門学校(二十四)改築工事請負契約
2 調査結果
異議はありません。

平成二十五年三月四日
経済・港湾委員長 伊藤 ゆう
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百二十四号議案 平成二十四年度十号地その二多目的内貿岸壁(-(マイナス)八・五m)桟橋整備工事請負契約
2 調査結果
異議はありません。

平成二十五年三月四日
環境・建設委員長 大松あきら
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百二十五号議案 環二勝どき高架橋(仮称)鋼けた及び鋼製橋脚製作・架設工事(二十四 一―環二築地)請負契約
2 調査結果
(1) 民主党、自民党、公明党、東京維新は、本議案に対し異議はありません。
(2) 日本共産党は、本議案に対し、次の意見がありました。
(意見)
環状二号線は、都心と臨海部を結ぶ骨格幹線道路として、臨海地域を含む沿道の開発を誘発するなど、都市再生の基軸として位置付けられている。平成十五年には、築地市場の豊洲移転計画との絡みから、勝どき―汐留間が、地下から地上化になり、それに伴い、今回の勝どき五~六丁目間の高架道路の工事契約となったものである。
臨海地域における環状二号線の建設局関係だけでも、千三百億円という巨額の財政負担を要し、日量六万台の自動車走行量が予測され、騒音・大気汚染などの環境悪化は免れない。
さらに、築地市場の豊洲移転を前提にした場内貫通道路については、市場関係者への理解と合意が不十分な中で隅田川橋梁の下部取付工事を進め、仮設道路敷設のために営業中の冷蔵庫の撤去を要するなど、まさに道路建設先にありきのやり方であり認められない。その延長上の今回の工事契約には、反対である。

平成二十五年三月四日
警察・消防委員長 山加 朱美
財政委員長 吉住 健一殿
契約議案の調査について(報告)
二月二十八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。

1 調査議案
第百二十三号議案 東京消防庁八王子消防署庁舎(二十四)新築工事請負契約
2 調査結果
異議はありません。

○吉住委員長 この際、本案に対し発言の申し出がありますので、これを許します。

○たぞえ委員 第百二十五号議案、環二勝どき高架橋(仮称)鋼けた及び鋼製橋脚製作・架設工事請負契約について意見を述べます。
 契約議案は、勝どき五、六丁目地域内の全線五百二十四メートルにわたる高架式道路で、全長四・八キロの環状二号線の骨格をなす部分です。区間は、高架式片側二車線のため、予定価格は三十五億円を超え、今回、落札額は七一%の二十五億円ではありますが、汐留―豊洲区間の環状二号線では、建設局所管分だけでも事業費は千三百二十一億円と膨大です。
 二十三年第四回定例会に提案された二件の環状二号線請負契約では、隅田川と朝潮運河橋梁工事に四十八億円の都費が使われました。そればかりか、今議案の区間内にある民間不動産企業の建物の撤去と補償費などは契約金額には含まれず、そのため、二〇一三年度予算案では、環二の整備には三百十二億円が計上され、財源のうち二百九億円が都債であり、都民に重い将来負担がかかろうとしていることは重大です。
 環状二号線エリアは、都市再生緊急整備地域に指定しているため、地域ごとに区画整理事業や再開発事業などの手法が導入され、今日でも、青天井の事業費が見込まれていることは、将来、都財政を圧迫しかねないものです。
 住環境に及ぼす影響でも、事業区間の交通量は一日六万台であり、民間マンションの約三階部分を通る高架式構造は、生活する都民に、はかり知れない騒音をもたらすことが危惧されます。
 一方、築地市場内を通すための隅田川の橋梁工事は、現在、営業中の関係者との合意が極めて不十分な中で進められていることは重大です。
 今、都政に求められているのは、一九六〇年代の高度成長期に大量に建設した東京のインフラの老朽化対策です。新規路線建設には膨大な税金を投入する一方、更新、補修は大幅におくれ、必要な財源対策は極めて不十分です。
 よって、日本共産党都議団は、本契約議案に反対するものです。
 以上です。

○福士委員 それでは、自治市民'93といたしまして、私からも、第百二十五号議案、環二勝どき高架橋(仮称)鋼けた及び鋼製橋脚製作・架設工事請負契約について意見を申し述べます。
 環状二号線は、築地市場の豊洲移転と二〇二〇年東京オリンピック開催が決定した場合の晴海地区の選手村建設、有明地区の競技場新設等を前提とした計画となっています。
 橋梁は建設費だけではなく、後世にわたって維持費が発生いたします。オリンピックが開催されない場合には、臨海地域に過大なインフラを抱え込むことになりかねません。人口減少時代に突入しており、家庭における自動車利用も減少している中、インフラに対する過大な投資を厳に慎むべきで、また、オリンピック招致の有無にかかわらず、必要最小限にとどめるべきです。
 さらに、東日本大震災では、都においても過去の想定を超える液状化被害が発生、東京都建築物液状化対策検討委員会が、木造住宅などの建築物を対象とした液状化対策について取りまとめていますが、これも震災から二年を経てようやく最終報告が出されるところです。
 豊洲地域は築地に比べ地盤が脆弱であり、臨海地域全体について、液状化の危険性について根本から見直しを行った上、インフラ整備の方向性を再検討すべきです。
 ことし一月、築地市場移転の一年延期が発表されました。途中まで建設されたとはいえ、拙速にさまざまな工事の完成を急ぐのではなく、一度立ちどまって、必要性、安全性の再検討を行うべきであるという視点から、架橋を含めた環状二号線の計画は反対をいたします。
 以上です。

○吉住委員長 発言は終わりました。
 これより採決を行います。
 初めに、第百二十五号議案を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○吉住委員長 起立多数と認めます。よって、第百二十五号議案は原案のとおり決定いたしました。
 次に、第百三十六号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第三号)中、予算総則、歳入、歳出、繰越明許費、財政委員会所管分、都債を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○吉住委員長 起立多数と認めます。よって、第百三十六号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第三号)中、予算総則、歳入、歳出、繰越明許費、財政委員会所管分、都債は、原案のとおり決定いたしました。
 次に、第百四十二号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第四号)中、予算総則、歳入及び第百十八号議案から第百二十四号議案までを一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○吉住委員長 異議なしと認めます。よって、第百四十二号議案、平成二十四年度東京都一般会計補正予算(第四号)中、予算総則、歳入及び第百十八号議案から第百二十四号議案までは、いずれも原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時八分散会

ページ先頭に戻る