ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

財政委員会速記録第十九号

平成二十三年十二月十三日(火曜日)
第二委員会室
   午後一時開議
 出席委員 十四名
委員長鈴木 章浩君
副委員長たぞえ民夫君
副委員長馬場 裕子君
理事中山 信行君
理事西岡真一郎君
理事宇田川聡史君
加藤 雅之君
福士 敬子君
淺野 克彦君
鈴木 勝博君
田中たけし君
鈴木 隆道君
大塚たかあき君
大沢  昇君

 欠席委員 なし

 出席説明員
財務局局長安藤 立美君
経理部長櫻井  務君
主計部長武市  敬君
主税局局長新田 洋平君
総務部長目黒 克昭君
会計管理局局長松田 芳和君
管理部長安藤 弘志君
収用委員会事務局局長細野 友希君

本日の会議に付した事件
 意見書、決議について
付託議案の審査(決定)
・第百七十五号議案 都立港地区第二特別支援学校(仮称)(二十三)改築工事請負契約
・第百七十六号議案 東京都議会議事堂(二十三)改修工事請負契約
・第百七十七号議案 東京体育館(二十三)改修工事請負契約
・第百七十八号議案 東京都議会議事堂(二十三)電気設備改修工事請負契約
・第百七十九号議案 東京都議会議事堂(二十三)空調設備改修工事請負契約
・第百八十号議案  東京体育館(二十三)改修空調設備工事請負契約
・第百八十一号議案 環状第二号線隅田川橋りょう(仮称)鋼けた製作・架設工事(二十三五-環二)請負契約
・第百八十二号議案 環二朝潮運河橋りょう(仮称)PCけた製作・架設工事(二十三 一-環二築地)請負契約
・第百八十三号議案 当せん金付証票の発売について
請願陳情の継続審査について
特定事件の継続調査について

○鈴木(章)委員長 ただいまから財政委員会を開会いたします。
 初めに、意見書、決議について申し上げます。
 過日の委員会で理事会にご一任いただきました意見書、決議中、意見書一件、決議一件につきましては、お手元配布の案文のとおり調整いたしました。
 案文の朗読は省略いたします。

地方法人特別税及び地方法人特別譲与税の撤廃に関する意見書(案)
 地方法人特別税及び地方法人特別譲与税は、法人事業税の一部を国税化し、地方に配分するもので、受益と負担という地方税の原則を無視し、憲法の定める地方自治を侵害するものに他ならない。
 東日本大震災を踏まえ、耐震化の促進や木造住宅密集地域の早期改善など首都東京の防災力強化に向け、多額の財源を必要とする中、この措置により国が都の財源を一方的に奪い続けることは、断じて看過できるものではない。
 もとよりこの措置は、税制の抜本的な改革において偏在性の小さい地方税体系の構築が行われるまでの間の措置である。国は、所得税法等の一部を改正する法律(平成二十一年法律第十三号)附則において、平成二十三年度までに抜本的な税制改革を行うことを自ら義務付けており、この暫定措置についても同時に撤廃すべきである。
 よって、東京都議会は、国会及び政府に対し、法律の規定どおり、地方法人特別税及び地方法人特別譲与税を撤廃し、地方税として復元するよう強く要請する。
 以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。
  平成二十三年十二月 日
東京都議会議長 和田宗春
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
財務大臣
国家戦略担当大臣  宛て

商業地等に対する負担水準の上限引下げなど固定資産税等の軽減措置の継続に関する決議(案)
 我が国経済は、東日本大震災の影響等により依然として厳しい状況にあり、先行きについても、欧州の政府債務危機や歴史的な円高などの推移によっては、景気が更に下振れすることが懸念される。こうした中、二十三区の地価水準は、おおむね下落傾向にあるものの、全国と比較して依然として高く、固定資産税等の過大な負担はいまだ解消されていない。
 都は、これまで独自に固定資産税等の軽減措置を実施することで税負担の緩和を図り、二十三区に住み、働く、都民や中小企業者等の定住確保や事業の継続等を支援してきた。
 今、これらの軽減措置を廃止することは、いまだ深刻な経営状況にある中小企業者等に対し、多大な税負担増を求めることになりかねない。
 よって、東京都議会は、二十三区に住み、働く、都民や中小企業者等の税負担感に配慮する観点から、次の事項を実施するよう強く求めるものである。
一 商業地等に対する固定資産税等の負担水準の上限引下げを平成二十四年度も継続すること。
二 小規模住宅用地に対する都市計画税の軽減措置を平成二十四年度も継続すること。
三 小規模非住宅用地に対する固定資産税等の減免措置を平成二十四年度も継続すること。
 以上、決議する。
  平成二十三年十二月 日
東京都議会

○鈴木(章)委員長 本件は、議長あて提出の手続をとりたいと思いますので、ご了承願います。
 なお、その他の意見書につきましては、調整がつかなかった旨、議長に報告すべきであるとの結論になりましたので、ご了承願います。

○鈴木(章)委員長 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、付託議案の審査並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百七十五号議案から第百八十三号議案までを一括して議題といたします。
 本案については、いずれも既に質疑を終了しております。
 なお、付託議案中、第百七十五号議案、第百七十七号議案及び第百八十号議案から第百八十二号議案までの契約議案につきましては、事業所管の常任委員会から、お手元配布のとおり調査の報告がありました。
 朗読は省略いたします。ご了承願います。

平成二十三年十二月十二日
文教委員長 今村るか
財政委員長 鈴木章浩殿
   契約議案の調査について(報告)
 十二月八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。
     記
1 調査議案
第百七十五号議案 都立港地区第二特別支援学校(仮称)(二十三)改築工事請負契約
第百七十七号議案 東京体育館(二十三)改修工事請負契約
第百八十号議案 東京体育館(二十三)改修空調設備工事請負契約
2 調査結果
 全議案に対し異議はありません。

平成二十三年十二月十二日
環境・建設委員長 上野和彦
財政委員長 鈴木章浩殿
   契約議案の調査について(報告)
 十二月八日付けをもって議長から依頼のあったこのことについて、左記のとおり報告します。
     記
1 調査議案
第百八十一号議案 環状第二号線隅田川橋りょう(仮称)鋼けた製作・架設工事(二十三 五-環二)請負契約
第百八十二号議案 環二朝潮運河橋りょう(仮称)PCけた製作・架設工事(二十三 一-環二築地)請負契約
2 調査結果
(1) 自民党、公明党は、全議案に対し異議はありません。
(2) 民主党は、第百八十一号議案に対し、次の意見がありました。その他の議案については異議はありません。
 (意見)
 民主党は、東京の骨格幹線道路ネットワーク形成の上で、環状二号線の整備は必要と考えている。
 このため、平成二十二年第一回定例会では、朝潮運河橋りょうの工事請負契約案について、朝潮橋りょうの建設を進めたとしても環状二号線の築地地区を地下方式に変更することは可能なのかどうか質問してきた。
 当時、東京都技監からは、「法的、技術的、実態的に対応は可能である」との答弁があったことから、朝潮橋りょうの建設は、その後の築地市場現地再整備案の検討には支障がないと判断し、議案に賛成した。
 しかし、隅田川橋りょうに関わる案件は、築地市場の豊洲移転について、市場関係者の大方の同意が得られているとは言い難い中で、築地地区での環状二号線の地上化を決定的なものとし、築地市場の敷地を分断することになる。
 また、環状二号線に関連して平成二十四年度末に着工予定の仮設道路の整備によって撤去される冷蔵庫の問題で、市場業者の営業に支障が出ることが分かっているにも関わらず、未だその解決策が示されていないなど、本契約案を議案として俎上に載せることは時期尚早であるものと考える。
 以上のことから、本契約議案については、異議がある。
(3) 日本共産党は、第百八十一号議案及び第百八十二号議案に対し、次の意見がありました。
 (意見)
 今回の契約案件は、いずれも、環状二号線の臨海地域における、工事契約の一環である。
 とりわけ、現在工事中の汐留から豊洲までの工事に関連して、築地市場内で現在営業中の関係者への「合意と周知」が極めて不十分ななかで、桟橋撤去工事が行われていることは、甚だ遺憾である。
 この工事は、築地市場内を貫通する道路であり、その前提は豊洲新市場への移転である。しかし、この間にも豊洲の土壌汚染問題が解決したとは言い難いものであり、国の農林水産省からの「認可」も、未だ受けているものではない。
 にもかかわらず、建設先にありきで進める本事業に関連する本議案には、反対である。

○鈴木(章)委員長 この際、本案に対し発言の申し出がありますので、これを許します。

○鈴木(勝)委員 本委員会に付託されました議案について、都議会民主党としての意見を申し上げます。
 第百八十一号議案、環状第二号線隅田川橋梁鋼けた製作、架設工事請負契約についてです。
 私たちは、東京の骨格幹線道路ネットワーク形成の上で、環状二号線の整備は必要と考えております。このため、平成二十二年第一回定例会では、朝潮運河橋梁下部工事請負契約案について、朝潮運河橋梁の建設を進めたとしても、築地地区の環状二号線の道路構造を地下方式に再変更することは可能かどうか質問をいたしました。当時、東京都技監から、法的、技術的、実態的に対応は可能であるとの答弁をいただいたことから、朝潮運河橋梁の建設は、その後の築地市場現地再整備案の検討には支障がないと判断し、議案に賛成をいたしました。
 しかし、今回の隅田川橋梁にかかわる案件は、築地市場の豊洲移転について、市場関係者の大方の同意が得られているとはいいがたい中で、築地地区での環状二号線の地上化を決定的なものとし、築地市場の敷地を分断することになります。
 また、環状二号線に関連しまして、平成二十四年度末に着工予定の仮設道路の整備によって撤去される冷蔵庫の問題で、市場関係者の営業に支障が出ることがわかっているにもかかわらず、いまだその解決策が示されていないなど、本契約案を議案として俎上にのせることは時期尚早であるものと考えます。
 以上のことから反対するものです。

○たぞえ委員 第百八十一号議案、第百八十二号議案について、日本共産党の意見を述べます。
 第百八十一号議案、第百八十二号議案は、環状二号線の臨海地域における隅田川と朝潮運河に橋梁を設けるための製作、架設の請負工事契約を結ぶものです。
 百八十一号議案の請負契約工事は、築地市場内に、臨海副都心と都心を結ぶ骨格幹線道路を貫通させるもので、築地市場の移転を前提にしているものです。
 移転先予定地の豊洲は、土壌汚染問題の深刻な実態とともに、我が党が指摘した土壌汚染対策工事をめぐる談合疑惑問題の真相が明らかではなく、都の移転ありきの姿勢に都民の批判が強まっています。
 豊洲新市場移転については、農林水産省からの認可も受けていないにもかかわらず、骨格幹線道路である環状二号線を、現在、市場内で営業中の関係者の合意も極めて不十分な中で、桟橋撤去工事とともに橋梁を設置するものであり、この点でも、契約は建設ありきで進められていることは重大です。
 よって、二つの工事請負契約には反対であることを述べ、意見とします。

○鈴木(章)委員長 発言は終わりました。
 これより採決を行います。
 初めに、第百八十一号議案を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○鈴木(章)委員長 起立少数と認めます。よって、第百八十一号議案は否決されました。
 次に、第百八十二号議案を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○鈴木(章)委員長 起立多数と認めます。よって、第百八十二号議案は、原案のとおり決定いたしました。
 次に、第百七十五号議案から第百八十号議案まで及び第百八十三号議案を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○鈴木(章)委員長 異議なしと認めます。よって、第百七十五号議案から第百八十号議案まで及び第百八十三号議案は、いずれも原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。

○鈴木(章)委員長 次に、請願陳情及び特定事件についてお諮りいたします。
 本日まで決定を見ていない請願陳情並びにお手元配布の特定事件調査事項につきましては、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○鈴木(章)委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

○鈴木(章)委員長 この際、所管局を代表いたしまして、財務局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○安藤財務局長 所管四局を代表いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本定例会に提案をいたしました議案及び平成二十三年度東京都税制調査会答申など報告事項につきまして、委員長を初め委員の皆様に、さまざまな視点、観点からご審議をいただきました。審議の過程で賜りました貴重なご指摘、ご意見につきましては十分に尊重させていただき、今後の都政運営に万全を期してまいりたいと存じます。
 今後とも、引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。

○鈴木(章)委員長 発言は終わりました。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時八分散会

ページ先頭に戻る