ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

経済・港湾委員会速記録第十四号

令和元年九月十三日(金曜日)
第八委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長中山ひろゆき君
副委員長小林 健二君
副委員長山崎 一輝君
理事奥澤 高広君
理事尾崎あや子君
理事小山くにひこ君
ひぐちたかあき君
うすい浩一君
あかねがくぼかよ子君
斉藤やすひろ君
白戸 太朗君
柴崎 幹男君
三宅 茂樹君
あぜ上三和子君

欠席委員 なし

出席説明員
産業労働局局長村松 明典君
次長十河 慎一君
総務部長坂本 雅彦君
中央卸売市場市場長黒沼  靖君
管理部長豊洲市場活性化担当部長兼務福崎 宏志君
港湾局局長古谷ひろみ君
技監原   浩君
総務部長梅村 拓洋君
労働委員会事務局局長松山 英幸君

本日の会議に付した事件
付託議案の審査(決定)
・第百六十七号議案 東京都産業労働局関係手数料条例の一部を改正する条例
特定事件の継続調査について

○中山委員長 ただいまから経済・港湾委員会を開会いたします。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、付託議案の審査及び特定事件の閉会中の継続調査の申し出の決定を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百六十七号議案を議題といたします。
 本案につきましては、既に質疑を終了しております。
 この際、本案に対する発言の申し出がありますので、これを許します。

○あぜ上委員 第百六十七号議案について一言申し上げます。
 東京都産業労働局関係手数料条例の一部を改正する条例は、技能検定試験の実技試験に係る手数料の上限額及び採石業務管理者試験に係る手数料の金額を、あわせて、採石と同種の砂利採取業務主任者試験についての手数料金額を改めるものです。地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改定に伴うものでありますけれども、これらは消費税増税に連動した値上げとなっています。
 私たちは、十月からの消費税増税はするべきでないと考えます。また、技能を身につけて仕事の確保や就職に生かそうとする都民への負担をさらに課すことは認められません。
 したがって、この議案には反対です。
 以上です。

○中山委員長 発言は終わりました。
 これより採決を行います。
 第百六十七号議案を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○中山委員長 起立多数と認めます。よって、第百六十七号議案は原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。

○中山委員長 次に、特定事件についてお諮りいたします。
 お手元配布の特定事件調査事項につきましては、閉会中の継続調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

○中山委員長 この際、所管四局を代表いたしまして、村松産業労働局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○村松産業労働局長 本委員会所管四局を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。
 中山委員長を初め委員の皆様方には、本定例会にご提案申し上げました議案等につきまして、調査、ご質疑をいただき、まことにありがとうございました。
 また、報告事項を含め、ご審議の過程で賜りましたご意見やご指摘をしっかりと受けとめ、今後の事務事業の執行に十分反映させ、万全を期してまいります。
 今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

○中山委員長 発言は終わりました。
 この際、私からも一言ご挨拶を申し上げます。
 委員長任期最後の委員会が閉会することとなりました。これまで約一年にわたりまして、小林副委員長、そして山崎副委員長を初めといたしまして、理事、委員の皆様方に、本委員会の運営に当たりまして多大なご協力をいただきましたこと、心より御礼を申し上げる次第です。
 本委員会は、中小企業振興、観光振興を担う産業労働局や、東京の食の台所を担う中央卸売市場、東京の物流を担う港湾局、そして労働委員会事務局を所管している中、活発なご議論をいただきました。
 とりわけ、二〇二〇大会を控えた今、東京の中小企業振興や観光振興の起爆剤として、都は日本の経済を牽引する重要な役割を担っております。
 委員の皆様方から出されました意見や提言が東京の発展につながるものと確信をいたしております。どうぞ今後とも、当委員会所属の議員の皆様方のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 最後になりますが、本委員会をお支えいただきました江村書記、佐々木さん、吉田さんにも心から感謝を申し上げまして、ご挨拶とさせていただきたいと思います。ありがとうございました。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時四分散会

ページ先頭に戻る