本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

経済・港湾委員会速記録第十三号

平成三十年十月五日(金曜日)
第八委員会室
午後二時三十四分開議
出席委員 十四名
委員長中山ひろゆき君
副委員長小林 健二君
副委員長山崎 一輝君
理事ひぐちたかあき君
理事尾崎あや子君
理事小山くにひこ君
うすい浩一君
柴崎 幹男君
あかねがくぼかよ子君
白戸 太朗君
高倉 良生君
森澤 恭子君
三宅 茂樹君
あぜ上三和子君

欠席委員 なし

本日の会議に付した事件
委員長の互選
副委員長の互選
理事の互選
議席について

○三宅座長 ただいまから経済・港湾委員会を開会いたします。
 先ほどの本会議において、議長から役員互選のための委員会が招集されました。
 委員長互選の職務は年長の委員が行うことになっておりますので、私が暫時座長を務めさせていただきます。
 委員会条例第七条の規定により委員長の互選を行います。
 その方法についてお諮りいたします。

○森澤委員 座長の指名推選の方法によることとし、直ちに指名していただきたいと思います。

○三宅座長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○三宅座長 異議なしと認めます。よって、委員長に中山ひろゆき委員をご指名申し上げます。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○三宅座長 異議なしと認めます。委員長には中山ひろゆき委員が当選されました。
 委員長から就任のご挨拶があります。
   〔三宅座長退席、中山委員長着席〕

○中山委員長 ただいま経済・港湾委員長にご推挙をいただきました中山ひろゆきでございます。よろしくお願いいたします。
 当委員会は、産業振興、港湾の強化、そして、市場の安心・安全と大変重要な事項を審議する場であります。公正公平な立場から、この議会運営を努めてまいりますように、お誓いを申し上げる次第でございます。委員の皆様のご協力を心よりお願いを申し上げ、ご挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。

○中山委員長 引き続いて副委員長の互選を行います。
 副委員長の数及び互選の方法はいかがいたしましょうか。

○森澤委員 副委員長の数は二名とし、委員長から指名していただきたいと思います。

○中山委員長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認めます。よって、副委員長には小林健二委員、山崎一輝委員をご指名申し上げます。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認めます。副委員長には以上の方々が当選されました。
 副委員長からそれぞれ就任のご挨拶があります。

○小林副委員長 ただいまご指名をいただきました公明党の小林健二でございます。
 中山委員長を補佐し、そしてまた、委員の皆様のご協力をいただきながら、所管事業が前進できるよう全力で取り組んでまいりますので、委員の皆様、そしてまた、理事者の皆様、どうかよろしくお願いいたします。

○山崎副委員長 自由民主党の山崎一輝でございます。皆様の選任によって副委員長をご指名いただいたわけでございます。
 しっかりとこの副委員長の責を全うしていくことと、そして、この委員会が円滑に進むこと、そして、理事者の皆さんとともにしっかり前に進めていきたいと思いますので、どうぞ、委員の皆様、よろしくお願いをさせていただきたいと思います。ありがとうございます。

○中山委員長 引き続いて理事の互選を行います。
 理事の数及び互選の方法はいかがいたしましょうか。

○森澤委員 理事の数は三名とし、委員長から指名していただきたいと思います。

○中山委員長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認めます。よって、理事には、ひぐちたかあき委員、尾崎あや子委員、小山くにひこ委員をご指名申し上げます。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認めます。理事には以上の方々が当選されました。

○中山委員長 次に、議席についてお諮りいたします。
 本件は、お手元配布の議席表案のとおりにいたしたいと思いますが、いかがでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○中山委員長 異議なしと認め、そのように決定をいたしました。

○中山委員長 次に、本委員会の担当書記を紹介いたします。
 議事課、担当書記の江村宇弘君です。佐々木香菜子さんです。
 議案法制課の担当書記の渡壁佑司君です。
 よろしくお願いいたします。
   〔書記挨拶〕

○中山委員長 以上をもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後二時四十分散会

ページ先頭に戻る