本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

経済・港湾委員会速記録第十九号

平成二十九年十一月三十日(木曜日)
第八委員会室
午後一時開議
出席委員 十四名
委員長伊藤 ゆう君
副委員長上野 和彦君
副委員長山崎 一輝君
理事尾崎あや子君
理事栗下 善行君
理事小山くにひこ君
鈴木 邦和君
細田いさむ君
柴崎 幹男君
森村 隆行君
ひぐちたかあき君
のがみ純子君
鈴木 章浩君
あぜ上三和子君

欠席委員 なし

出席説明員
産業労働局局長藤田 裕司君
次長十河 慎一君
総務部長寺崎 久明君
産業企画担当部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務清水 英彦君
商工部長坂本 雅彦君
金融部長加藤  仁君
金融支援担当部長川崎  卓君
観光部長小沼 博靖君
観光振興担当部長浦崎 秀行君
農林水産部長藤田  聡君
安全安心・地産地消推進担当部長武田 直克君
全国育樹祭担当部長村西 紀章君
雇用就業部長小金井 毅君
事業推進担当部長蓮沼 正史君
中央卸売市場市場長村松 明典君
次長澤   章君
理事福田  至君
管理部長松永 哲郎君
事業部長白川  敦君
企画担当部長吉村 恵一君
渉外調整担当部長有金 浩一君
市場政策担当部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務松田 健次君
財政調整担当部長長嶺 浩子君
移転支援担当部長赤木 宏行君
新市場整備部長岡安 雅人君
新市場整備調整担当部長影山 忠男君
新市場事業推進担当部長櫻庭 裕志君
移転調整担当部長前田  豊君
事業支援担当部長西坂 啓之君
基盤整備担当部長村井 良輔君
技術調整担当部長鈴木  理君
施設整備担当部長佐藤 千佳君
建設技術担当部長吉野 敏郎君
港湾局局長斎藤 真人君
技監小野 恭一君
総務部長古谷ひろみ君
企画担当部長オリンピック・パラリンピック調整担当部長兼務中村 昌明君
調整担当部長及川 勝利君
港湾経営部長蔵居  淳君
港湾振興担当部長相田 佳子君
臨海開発部長篠原 敏幸君
開発調整担当部長オリンピック・パラリンピック施設整備担当部長兼務山岡 達也君
臨海副都心まちづくり推進担当部長矢部 信栄君
港湾整備部長原   浩君
計画調整担当部長竹村 淳一君
離島港湾部長小林 英樹君
島しょ・小笠原空港整備担当部長松本 達也君

本日の会議に付した事件
港湾局関係
第四回定例会提出予定案件について(説明)
・平成二十九年度十三号地新客船ふ頭ボーディングブリッジ製作据付工事請負契約
・平成二十九年度十三号地新客船ふ頭岸壁建設工事(その一)請負契約
・東京都立葛西海浜公園の指定管理者の指定について
産業労働局関係
第四回定例会提出予定案件について(説明)
・東京都立産業貿易センター条例の一部を改正する条例
・東京都島しょ農林水産総合センター漁業調査指導船「やしお」製造請負契約
・地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款の変更について
陳情の審査
(1)二九第五四号 高齢者の雇用開発に関する陳情
(2)二九第六四号の一 社会保険料等の算定における交通費の除外を求める意見書の提出に関する陳情
中央卸売市場関係
報告事項(説明)
・築地市場における土壌詳細調査結果について
陳情の審査
(1)二九第八五号 築地市場を再整備し豊洲市場を配送センターとして利用することに関する陳情

○伊藤委員長 ただいまから経済・港湾委員会を開会いたします。
 初めに、本委員会の会期中の委員会日程について申し上げます。
 お手元配布の日程のとおり、理事会において申し合わせましたので、ご了承願います。
 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、港湾局及び産業労働局関係の第四回定例会に提出を予定されております案件の説明聴取、中央卸売市場関係の報告事項の聴取並びに産業労働局及び中央卸売市場関係の陳情の審査を行います。
 なお、提出予定案件及び報告事項については、本日は説明を聴取し、資料要求をすることにとどめ、質疑は会期中の委員会で行いますので、ご了承願います。
 これより港湾局関係に入ります。
 第四回定例会に提出を予定されております案件について、理事者の説明を求めます。

○斎藤港湾局長 平成二十九年第四回東京都議会定例会に提出を予定しております当局所管の案件につきましてご説明を申し上げます。
 今回提出を予定しております案件は、工事請負契約議案二件、事件案一件でございます。
 まず、工事請負契約議案につきましてご説明申し上げます。
 お手元の資料1、工事請負契約議案の概要をごらんください。
 表紙をおめくりいただきまして、目次に記載しておりますとおり、平成二十九年度十三号地新客船ふ頭岸壁建設工事(その一)など二件でございます。
 次に、事件案につきましてご説明申し上げます。
 お手元の資料2、平成二十九年第四回東京都議会定例会事件案をごらんください。
 表紙をおめくりいただきまして、目次に記載のとおり、東京都立葛西海浜公園の指定管理者の指定についての一件でございます。
 以上で第四回定例会提出予定議案の概要説明を終わらせていただきます。
 詳細につきましては、総務部長からご説明申し上げます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

○古谷総務部長 ただいまの局長の概要説明に続きまして、提出案件の詳細につきましてご説明申し上げます。
 初めに、工事請負契約議案につきましてご説明申し上げます。
 お手元の資料1、工事請負契約議案の概要をごらん願います。
 表紙の次のページの目次をお開きください。ごらんの二件でございます。
 一ページをお開きください。一件目は、平成二十九年度十三号地新客船ふ頭岸壁建設工事(その一)でございます。
 本件は、近年のクルーズ需要の増大及び客船の大型化を踏まえ、臨海副都心地域に世界最大の客船に対応可能な新たなふ頭を整備するものでございます。
 工事場所は東京都江東区青海二丁目地先、契約の相手方は東亜・本間建設共同企業体、契約金額は四十八億八百十六万円、工期は平成三十一年五月三十一日でございます。
 契約の方法、入札回数、入札者数等はごらんのとおりでございます。
 二ページに案内図を、三ページに図面を掲載してございますので、ごらん願いたいと存じます。
 それでは、四ページをお開きください。二件目は、平成二十九年度十三号地新客船ふ頭ボーディングブリッジ製作据付工事でございます。
 本件は、乗客が客船から乗降するため、客船と十三号地新客船ふ頭ターミナルビルとをつなぐ、ボーディングブリッジを整備するものでございます。
 工事場所は東京都江東区青海二丁目地先、契約の相手方は川崎重工業株式会社、契約金額は十二億六千三十六万円、工期は平成三十二年一月三十一日でございます。
 契約の方法、入札回数、入札者数等はごらんのとおりでございます。
 五ページに案内図を、六ページに図面を掲載してございますので、ごらん願いたいと存じます。
 続きまして、事件案につきましてご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、お手元の資料3、事件案の概要、東京都立葛西海浜公園の指定管理者の指定についてをごらんください。
 本件、指定管理者の指定につきましては、地方自治法第二百四十四条の二第三項の規定により、公の施設の管理を行わせる者を指定するものでございます。
 1、対象施設でございますが、東京都立葛西海浜公園で、所在地は東京都江戸川区臨海町六丁目及び同所地先でございます。
 次に、2、候補者の名称でございますが、公益財団法人東京都公園協会でございます。
 次に、3、指定の期間でございますが、平成三十年四月一日から平成三十三年三月三十一日までの三年間でございます。
 次に、4、選定でございますが、選定方法は特命による選定でございます。
 選定の経緯でございますが、平成二十九年七月二十四日に公益財団法人東京都公園協会に選定要項の通知を行い、八月二十五日に同法人から事業計画書等の提出を受け、九月十九日に外部委員と行政機関関係者で構成されました選定委員会における審査を経て、指定管理者の候補者を決定してございます。
 選定理由につきましては、資料のとおりでございます。
 次ページに、参考として対象施設の位置図をお示ししております。
 以上で、簡単ではございますが、平成二十九年第四回都議会定例会に提出を予定しております港湾局関係の案件の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

○伊藤委員長 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言を願います。

○あぜ上委員 一点お願いします。
 客船ふ頭における客船の年間寄港数の推移をよろしくお願いします。

○伊藤委員長 あぜ上委員から資料要求がありましたが、これを委員会の資料要求とすることにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 異議なしと認めます。理事者におかれましては、要求された委員と調整の上、ご提出願います。
 以上で港湾局関係を終わります。

○伊藤委員長 これより産業労働局関係に入ります。
 初めに、第四回定例会に提出を予定されております案件について、理事者の説明を求めます。

○藤田産業労働局長 平成二十九年第四回都議会定例会に提出を予定しております当局所管の案件の概要につきましてご説明を申し上げます。
 今回提出を予定しております案件は、条例案一件、契約議案一件、事件案一件でございます。
 初めに、条例案につきましては、東京都立産業貿易センター条例の一部を改正する条例でございます。
 この条例の改正は、建てかえ事業に伴い閉館をいたしました東京都立産業貿易センター浜松町館を、このたび、新たに設置することに伴いまして、浜松町館に係る規定を設けるほか、所要の改正を行うものでございます。
 次に、契約議案につきましては、東京都島しょ農林水産総合センター漁業調査指導船「やしお」製造請負契約でございます。
 これは、平成七年建造の現在の漁業調査指導船「やしお」の代船を建造するものでございます。
 最後に、事件案につきましては、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款の変更についてでございます。
 この定款変更は、今年六月に地方独立行政法人法が一部改正されたことに伴うものでございます。
 以上で、第四回定例会提出予定案件の概要説明を終わらせていただきます。
 なお、これらの詳細につきましては、総務部長からご説明を申し上げます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

○寺崎総務部長 平成二十九年第四回都議会定例会に提出を予定しております当局関連の案件につきまして、お手元の配布資料に基づきご説明を申し上げます。
 まず、条例案でございます。
 恐れ入りますが、お手元の資料1、条例案の概要をごらんください。
 表紙をおめくりください。今定例会には、一件の条例案をご提案させていただく予定でございます。
 一ページをごらんください。東京都立産業貿易センター条例の一部を改正する条例案でございます。
 東京都立産業貿易センター条例は、同センターの設置及び運営等に関する事項について定めているものでございます。
 同センター浜松町館は、建てかえ事業を行うに当たり、平成二十七年度に閉館し、その際に、同条例における浜松町館に係る規定を削除したところでございますが、このたび、新たに浜松町館を設置することに伴いまして、改めて浜松町館の利用料金等の規定を設けるほか、所要の改正を行うものでございます。
 改正の具体的内容でございますが、施設の名称及び位置を定めております第三条、センターに設置する施設を定めております第四条、施設の開場日を定めております第六条第一項、施設の休場日を定めております別表第一並びに利用料金の額等を定めております別表第二に、浜松町館の項及び関連する文言等を追加いたします。
 また、指定管理者の指定について定めております第十七条第二項及び指定管理者による管理の基準等を定めております第二十条第一項につきましても改正いたします。
 なお、条例の施行期日は、別途、規則で定める日から施行することといたしますほか、第十七条及び第二十条の改正規定につきましては、公布の日から施行することといたします。
 そのほか、条例を施行するために、施行日の前に準備行為として行う必要があります指定管理者の指定及び浜松町館の施設等の使用に関して必要な手続等につきましても、附則に規定してございます。
 資料2は、議案文でございます。後ほどごらんいただければと思います。
 引き続きまして、契約議案についてご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、お手元の資料3、契約議案の概要をごらんください。
 表紙をおめくりください。今定例会には、一件の契約議案をご提案させていただく予定でございます。
 一ページをごらんください。東京都島しょ農林水産総合センター漁業調査指導船「やしお」製造請負契約でございます。
 本件は、平成七年に建造され、水産資源の調査、海洋観測、違法操業の監視活動等を行っております漁業調査指導船「やしお」の代船を、今年度から建造するものでございます。
 契約の相手方は株式会社井筒造船所、契約金額は十一億六千百万円、工期は平成三十一年一月二十二日まででございます。
 契約の方法、入札回数、入札者数はごらんのとおりでございます。
 次のページに図面をお示ししてございますので、ごらんいただきたいと存じます。
 引き続きまして、事件案についてご説明申し上げます。
 お手元の資料4、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款の変更について(事件案)をごらんください。
 この定款は、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターの目的、役員に関する事項、業務の範囲及びその執行に関する事項などについて定めているものですが、ことし六月に地方独立行政法人法の一部が改正されたことに伴い、定款に定めのある監事の任期に関する規定を変更するものでございます。
 具体的には、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款におきまして、役員の任期を定めております第十一条の第一項中、「役員」を「役員(監事を除く。)」に改め、同条第三項を同条第四項とし、同条第二項を同条第三項とし、同条第一項の次に第二項として、監事の任期は、任命の日から、理事長の任期の末日を含む事業年度についての財務諸表の承認の日までとするとの規定を追加いたします。
 なお、定款の施行日は、改正法の施行日に合わせて平成三十年四月一日とし、その旨を附則に規定しております。
 また、地方独立行政法人法第八条第二項の規定に基づき、本定例会での議決を経た後、総務大臣に対し、定款の変更の認可申請を行う予定でございます。
 資料5は、議案文でございます。後ほどごらんいただければと思います。
 以上で、平成二十九年第四回都議会定例会に提出を予定しております産業労働局関係の案件の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

○伊藤委員長 説明は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 なければ、資料要求はなしと確認させていただきます。

○伊藤委員長 次に、陳情の審査を行います。
 初めに、陳情二九第五四号を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○小金井雇用就業部長 お手元の資料6、請願・陳情審査説明表に基づきご説明いたします。
 表紙をおめくりください。整理番号1の陳情についてご説明申し上げます。
 一ページをごらんください。整理番号1、陳情二九第五四号、高齢者の雇用開発に関する陳情についてでございます。
 陳情者は、台東区、不二エンタープライズ株式会社代表取締役、高篠公明さんでございます。
 陳情の要旨は、都において、高年齢(六十歳程度以上)の派遣労働者と企業とのマッチングが可能となるよう、求人者が求職者の経歴を見ることが可能となるシステムの整備について実現していただきたいというものでございます。
 続いて、本件に関する現在の状況についてご説明いたします。
 都においては、東京しごとセンターシニアコーナーで、派遣の形態も含め、高齢者の就職に関する相談を受け付けてカウンセリングを行い、一人一人の希望や適性を踏まえた上で、同シニアコーナーに併設する国のハローワークが、マッチングも含めた職業紹介を実施しております。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

○伊藤委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 発言がなければ、お諮りいたします。
 本件は、不採択とすることにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 異議なしと認めます。よって、陳情二九第五四号は不採択と決定いたしました。

○伊藤委員長 次に、陳情二九第六四号の一を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○小金井雇用就業部長 請願・陳情審査説明表、二ページをお開きください。整理番号2、陳情二九第六四号の一、社会保険料等の算定における交通費の除外を求める意見書の提出に関する陳情についてでございます。
 陳情者は、埼玉県北葛飾郡杉戸町、小畑孝平さんでございます。
 陳情の要旨は、雇用保険料の算定基礎から交通費を除外することを実現するため、国に対し意見書を提出することというものでございます。
 続いて、本件に関する現在の状況について説明いたします。
 雇用保険料は、労働保険の保険料の徴収等に関する法律により、事業主が労働者に支払う賃金の総額を基礎として算定するものとされております。
 この算定の基礎となる賃金とは、賃金、給料、手当、賞与、その他名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に支払う全てのものであり、通勤手当も含まれております。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

○伊藤委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。--発言がなければ、これより採決を行います。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件は、趣旨採択とすることに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○伊藤委員長 起立少数と認めます。よって、陳情二九第六四号の一は不採択と決定いたしました。
 陳情の審査を終わります。
 以上で産業労働局関係を終わります。

○伊藤委員長 これより中央卸売市場関係に入ります。
 初めに、理事者から報告の申し出がありますので、これを聴取いたします。

○白川事業部長 私からは、お手元の資料1、築地市場における土壌詳細調査結果についてご報告申し上げます。
 表紙をおめくりいただき、一ページをごらんください。1、築地市場における土壌詳細調査結果についてでございます。
 (1)、概要でございます。築地市場におきまして、東京都環境確保条例に基づき実施しております土壌汚染状況調査のうち、土壌詳細調査、いわゆる土壌ボーリング調査を実施いたしました。
 次に、(2)、調査概要でございます。五月に築地市場敷地内の一部で百十一地点において実施した土壌概況調査、いわゆる表層土壌調査のうち、有害物質五種類が基準値を超過した三十地点において、土壌ボーリング調査及び地下水調査を行いました。
 調査の対象物質は、溶出量試験で基準値を超過したヒ素、フッ素、水銀、六価クロム及び含有量試験で基準値を超過した鉛の計五種でございます。
 なお、残りの四地点については、調査箇所が営業中の建物内であり、ボーリング作業等に伴う排気ガスの影響等を考慮し、後日、実施することといたしました。
 二ページをごらんください。
 次に、(3)、調査の結果でございます。調査の結果、土壌ボーリング調査におきまして、六地点でヒ素が基準値を超過いたしました。
 また、地下水調査におきまして、四地点でヒ素が基準値を超過いたしました。
 なお、土壌ボーリング調査と地下水調査の基準値超過地点のうち、二地点で重複があるため、合計では八地点で基準値を超過いたしました。
 次に、2、今後の条例上の手続きについてでございます。
 今回調査を実施いたしました二十六地点については、環境確保条例に基づき、調査結果等の報告書などを条例所管局である環境局へ提出し、手続を完了する予定でございまして、残り四地点については、築地市場の豊洲市場への移転後、速やかに土壌詳細調査を実施し、手続を完了する予定でございます。
 三ページをお開き願います。二ページに記載した調査の結果につきまして、概要をお示ししております。
 土壌ボーリング調査については、1、土壌溶出量調査、2、土壌含有量調査の結果別に、試験項目、基準超過地点数、検出地点の最大値、基準値に対する最大値の割合、基準値、定量下限値及びそれぞれの単位を記載しております。網かけの部分が基準値を超過した項目でございます。
 四ページには、調査地点及び基準を超えた地点と、後日調査を実施する四地点を図面でお示ししてございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 五ページに、全調査地点の土壌ボーリング調査、地下水調査の結果を記載してございます。
 本件に関する説明は以上でございます。よろしくお願い申し上げます。

○伊藤委員長 報告は終わりました。
 この際、資料要求のある方は発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 なければ、資料要求はなしと確認させていただきます。

○伊藤委員長 次に、陳情の審査を行います。
 陳情二九第八五号を議題といたします。
 理事者の説明を求めます。

○松永管理部長 私の方からは、お手元の資料2、請願・陳情審査説明表に従いましてご説明させていただきます。
 表紙をおめくりいただきまして、請願・陳情件名表をごらんください。陳情二九第八五号、築地市場を再整備し豊洲市場を配送センターとして利用することに関する陳情でございます。
 資料を一枚おめくりいただきまして、一ページをごらんください。陳情者は、豊島区の中村直人さんでございます。
 陳情の要旨でございますが、都において、第一に、豊洲市場を仮市場として利用し、その間に築地市場を現在地で再整備すること、第二に、再整備完了後は、築地市場を本場とし、豊洲市場は築地市場の機能拡張のための配送センターとして利用すること、以上のことを実現していただきたいというものでございます。
 次に、現在の状況でございますが、市場移転問題につきましては、築地市場の老朽化や衛生面などの多くの課題から、長年にわたって議論がなされ、営業しながらの工事は困難等の理由により現在地再整備を断念し、豊洲市場への移転に向けて整備を進めてきた経過がございます。
 その後、昨年八月の移転延期の方針を受けまして、土壌の安全性や建物の構造安全性、事業継続性などさまざまな課題について改めて検証いたしました。その上で、本年六月の基本方針に基づき、市場移転に関する関係局長会議において、以下の取り組み内容を整理いたしました。
 まず、豊洲市場への移転を最優先とし、豊洲市場は、継続的に中央卸売市場として運営していくとともに、日本の中核市場として育てていくこととしております。現在、業界団体との間で、移転に向け、さまざまな調整を進めているところでございます。
 なお、築地市場の跡地につきましては、築地エリアが有する食文化、浜離宮、水辺といったポテンシャルを生かして、多様な観点からまちづくりを検討し、経済合理性を確保しつつ民間主導で再開発を進めていくこととしております。
 現在、都市整備局を主管として、築地再開発検討会議が立ち上げられており、築地の魅力を最大限に生かした再開発に向けて、さまざまな分野の方々から自由な発想で幅広い意見をいただき、まちづくりの大きな視点として整備することとしております。
 本件に関する説明は以上でございます。よろしくご審査のほどお願い申し上げます。

○伊藤委員長 説明は終わりました。
 本件について発言を願います。

○尾崎委員 陳情二九第八五号、築地市場を再整備し豊洲市場を配送センターとして利用することについて、反対の立場で意見を述べます。
 第一項で、築地市場を現在地で再整備することとあり、この点については、日本共産党都議団も主張している内容ですので賛同できますが、再整備するに当たり、豊洲市場を仮市場として利用するという要望には賛同できません。
 なぜなら、豊洲市場用地は汚染物質が残っており、このことは東京都も認めているところです。地下水モニタリングは、第九回目のモニタリングで、ベンゼンは環境基準の七十九倍が検出されました。その後の専門家会議のもとでの再調査でベンゼンは環境基準の百倍が検出、その後の五月から八月の調査でベンゼンは環境基準の百二十倍が検出されています。
 土壌汚染対策の盛り土は建物下にはなく、もう一つの土壌汚染対策の地下水管理システムが本稼働しても、目標水位には達していません。
 追加対策が決まりましたが、建物下の地下空間の換気とコンクリート打設を行っても、汚染物質の進入を完全に封じ込めることはできません。しかも、地下水管理システムの機能強化を行っても、いつになったら目標水位に達成するのかの見通しもありません。このような状況の中で、一時的仮市場としてであっても、生鮮食品を扱う場所にはふさわしくありません。
 よって、築地市場を再整備し豊洲市場を配送センターとして利用することに関する陳情には反対です。

○伊藤委員長 ほかに発言がなければ、お諮りいたします。
 本件は、不採択とすることにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○伊藤委員長 異議なしと認めます。よって、陳情二九第八五号は不採択と決定いたしました。
 陳情の審査を終わります。
 以上で中央卸売市場関係を終わります。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時三十分散会

ページ先頭に戻る