本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

経済・港湾委員会速記録第九号

平成二十三年六月二十九日(水曜日)
第八委員会室
   午後一時開議
 出席委員 十四名
委員長西岡真一郎君
副委員長しのづか元君
副委員長鈴木あきまさ君
理事伊藤 ゆう君
理事伊藤 興一君
理事川井しげお君
山崎 一輝君
大松あきら君
田の上いくこ君
佐藤 広典君
山口  拓君
清水ひで子君
藤井  一君
三宅 茂樹君

 欠席委員 なし

 出席説明員
産業労働局局長前田 信弘君
次長真田 正義君
総務部長三枝 健二君
中央卸売市場市場長岡田  至君
管理部長塩見 清仁君
港湾局局長中井 敬三君
総務部長山本  隆君
労働委員会事務局局長山本 洋一君

本日の会議に付した事件
 意見書について
付託議案の審査(決定)
・第百七号議案 平成二十三年度東京都一般会計補正予算(第一号)中、歳出、債務負担行為経済・港湾委員会所管分
・第百十号議案 平成二十三年度東京都中央卸売市場会計補正予算(第一号)
・第百十一号議案 平成二十三年度東京都臨海地域開発事業会計補正予算(第一号)
・第百十二号議案 平成二十三年度東京都港湾事業会計補正予算(第一号)
・第百二十五号議案 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款の変更について
請願陳情の継続審査について
特定事件の継続調査について

○西岡委員長 ただいまから経済・港湾委員会を開会いたします。
 初めに、意見書について申し上げます。
 過日の委員会で理事会にご一任をいただきました意見書一件については、調整がつかなかった旨、議長に報告すべきであるとの結論になりましたので、ご了承願います。

○西岡委員長 本日は、お手元配布の会議日程のとおり、付託議案の審査並びに請願陳情及び特定事件の閉会中の継続審査及び調査の申し出の決定を行います。
 これより付託議案の審査を行います。
 第百七号議案、平成二十三年度東京都一般会計補正予算(第一号)中、歳出、債務負担行為、経済・港湾委員会所管分、第百十号議案から第百十二号議案まで及び第百二十五号議案を一括して議題といたします。
 本案については、いずれも既に質疑を終了しております。
 この際、本案に対し発言の申し出がありますので、これを許します。

○清水委員 第百二十五号議案、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター定款の変更について、反対の意見を述べます。
 都内の中小企業の支援に重要な役割を果たしてきた都立産業技術研究センターを統合、廃止し、江東区青海の臨海部に新本部として移転する定款の変更には反対です。
 この統廃合は、根本には経費の節減を目的としたものであります。そのことの弊害が、今回の震災で顕在化しました。一つは、拠点化であり、次に、基礎研究を後景に追いやっていることです。
 産業技術研究センターは、とりわけ震災後、原発にかわる自然エネルギーの開発研究も大きな課題になっています。さらに、原発事故による放射能測定は、都民や事業者の不安にこたえるために、工業製品はもちろんのこと、水、大気、海水、農畜産物などの放射能測定のこれまで実施されている範囲の対象品目、放射性物質の拡大、拡充などが課題となっており、公的試験研究機関としての役割はますます重要になっているのです。
 したがって、統合、廃止はやめるべきです。
 以上です。

○西岡委員長 発言は終わりました。
 これより採決を行います。
 初めに、第百二十五号議案を採決いたします。
 本案は、起立により採決いたします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔賛成者起立〕

○西岡委員長 起立多数と認めます。よって、第百二十五号議案は、原案のとおり決定いたしました。
 次に、第百七号議案、平成二十三年度東京都一般会計補正予算(第一号)中、歳出、債務負担行為、経済・港湾委員会所管分及び第百十号議案から第百十二号議案までを一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本案は、いずれも原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○西岡委員長 異議なしと認めます。よって、第百七号議案、平成二十三年度東京都一般会計補正予算(第一号)中、歳出、債務負担行為、経済・港湾委員会所管分及び第百十号議案から第百十二号議案までは、いずれも原案のとおり決定いたしました。
 以上で付託議案の審査を終わります。

○西岡委員長 次に、請願陳情及び特定事件についてお諮りいたします。
 本日まで決定を見ていない請願陳情並びにお手元配布の特定事件調査事項については、それぞれ閉会中の継続審査及び調査の申し出をいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○西岡委員長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

○西岡委員長 次に、今後の委員会日程について申し上げます。
 お手元配布の日程のとおり、理事会において申し合わせましたので、ご了承願います。

○西岡委員長 この際、所管四局を代表いたしまして、前田産業労働局長から発言を求められておりますので、これを許します。

○前田産業労働局長 本委員会所管四局を代表いたしまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 西岡委員長を初め委員の皆様方には、本定例会にご提案いたしました議案等につきまして、調査、質疑をいただき、まことにありがとうございました。
 ご審議の過程で賜りました貴重なご意見、ご指導につきましては、今後十分に尊重させていただき、事務事業の執行に万全を期してまいります。
 今後とも、私ども四局に対しまして、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。

○西岡委員長 発言は終わりました。
 これをもちまして本日の委員会を閉会いたします。
   午後一時五分散会

ページ先頭に戻る