ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

予算特別委員会速記録第二号

令和二年三月九日(月曜日)
第十五委員会室
午前十一時開議
出席委員 三十九名
委員長本橋ひろたか君
副委員長山崎 一輝君
副委員長中山 信行君
副委員長木村 基成君
理事藤井あきら君
理事池川 友一君
理事おじま紘平君
理事清水 孝治君
理事高倉 良生君
理事伊藤 ゆう君
古城まさお君
けいの信一君
平  慶翔君
伊藤しょうこう君
田村 利光君
加藤 雅之君
川松真一朗君
三宅 正彦君
斉藤やすひろ君
馬場 信男君
細谷しょうこ君
奥澤 高広君
早坂 義弘君
原 のり子君
星見てい子君
上野 和彦君
まつば多美子君
両角みのる君
山口  拓君
滝田やすひこ君
木下ふみこ君
村松 一希君
福島りえこ君
ひぐちたかあき君
森村 隆行君
山内  晃君
小宮あんり君
白石たみお君
大山とも子君

欠席委員 なし

出席説明員
知事小池百合子君
副知事長谷川 明君
副知事多羅尾光睦君
副知事梶原  洋君
副知事宮坂  学君
警視総監斉藤  実君
教育長藤田 裕司君
東京都技監都市整備局長兼務佐藤 伸朗君
政策企画局長山手  斉君
都民安全推進本部長國枝 治男君
戦略政策情報推進本部長松下 隆弘君
総務局長遠藤 雅彦君
財務局長武市  敬君
主税局長塩見 清仁君
生活文化局長浜 佳葉子君
オリンピック・パラリンピック準備局長潮田  勉君
住宅政策本部長榎本 雅人君
環境局長吉村 憲彦君
福祉保健局長内藤  淳君
病院経営本部長堤  雅史君
産業労働局長村松 明典君
中央卸売市場長黒沼  靖君
建設局長三浦  隆君
港湾局長古谷ひろみ君
会計管理局長佐藤  敦君
消防総監安藤 俊雄君
交通局長土渕  裕君
水道局長中嶋 正宏君
下水道局長和賀井克夫君
選挙管理委員会事務局長黒田 祥之君
人事委員会事務局長小泉  健君
監査事務局長岡崎 義隆君
労働委員会事務局長松山 英幸君
収用委員会事務局長斎藤 真人君

本日の会議に付した事件
付託議案の審査(説明・総括質疑)
・第一号議案 令和二年度東京都一般会計予算
・第二号議案 令和二年度東京都特別区財政調整会計予算
・第三号議案 令和二年度東京都地方消費税清算会計予算
・第四号議案 令和二年度東京都小笠原諸島生活再建資金会計予算
・第五号議案 令和二年度東京都国民健康保険事業会計予算
・第六号議案 令和二年度東京都母子父子福祉貸付資金会計予算
・第七号議案 令和二年度東京都心身障害者扶養年金会計予算
・第八号議案 令和二年度東京都中小企業設備導入等資金会計予算
・第九号議案 令和二年度東京都林業・木材産業改善資金助成会計予算
・第十号議案 令和二年度東京都沿岸漁業改善資金助成会計予算
・第十一号議案 令和二年度東京都と場会計予算
・第十二号議案 令和二年度東京都都営住宅等事業会計予算
・第十三号議案 令和二年度東京都都営住宅等保証金会計予算
・第十四号議案 令和二年度東京都都市開発資金会計予算
・第十五号議案 令和二年度東京都用地会計予算
・第十六号議案 令和二年度東京都公債費会計予算
・第十七号議案 令和二年度東京都臨海都市基盤整備事業会計予算
・第十八号議案 令和二年度東京都病院会計予算
・第十九号議案 令和二年度東京都中央卸売市場会計予算
・第二十号議案 令和二年度東京都都市再開発事業会計予算
・第二十一号議案 令和二年度東京都臨海地域開発事業会計予算
・第二十二号議案 令和二年度東京都港湾事業会計予算
・第二十三号議案 令和二年度東京都交通事業会計予算
・第二十四号議案 令和二年度東京都高速電車事業会計予算
・第二十五号議案 令和二年度東京都電気事業会計予算
・第二十六号議案 令和二年度東京都水道事業会計予算
・第二十七号議案 令和二年度東京都工業用水道事業会計予算
・第二十八号議案 令和二年度東京都下水道事業会計予算
・第百三号議案 令和二年度東京都一般会計補正予算(第一号)
・第百四号議案 令和二年度東京都特別区財政調整会計補正予算(第一号)
・第百七号議案 令和二年度東京都一般会計補正予算(第二号)
・第百八号議案 令和二年度東京都病院会計補正予算(第一号)

質疑順序
・木村 基成君
・小宮あんり君
・高倉 良生君
・白石たみお君
・山口  拓君

○本橋委員長 ただいまから予算特別委員会を開会いたします。
 これより付託議案の審査を行います。
 第一号議案から第二十八号議案まで、第百三号議案、第百四号議案、第百七号議案及び第百八号議案を一括して議題といたします。
 本案について、理事者の説明を求めます。

○長谷川副知事 令和二年度予算案のご審議をお願いするに当たりまして、その大綱をご説明申し上げます。
 令和二年度予算案は、東京二〇二〇大会を確実に成功させるとともに、成長と成熟が両立した、輝ける未来の東京をつくる予算と位置づけ、成長を生み続ける成熟都市東京の実現に向け、直面する課題に正面から向き合い、セーフシティー、ダイバーシティー、スマートシティーの三つのシティーを進化させる施策を積極果敢に展開してまいります。
 当初予算の規模は、一般会計、特別会計及び公営企業会計の二十八会計を合わせました総額で十五兆四千五百二十二億円としております。
 まず、一般会計について申し上げます。
 歳入歳出の総額は、前年度に比べ一・四%減の七兆三千五百四十億円で、過去最大であった昨年度に次ぐ予算規模としております。
 次に、歳入の概要でございますが、都税収入は、前年度に比べ一・一%減の五兆四千四百四十六億円としております。
 都債は、将来世代の負担を考慮して、発行額を抑制しており、発行額は前年度と比べ〇・六%減の二千八十四億円としております。
 次に、歳出の概要でございますが、主なものを申し上げますと、総務費につきましては二千二百五十五億円を計上し、非常用電源の確保など、災害への対応力を一層強化するとともに、スマート東京の実現に向け、二十一世紀の基幹インフラであるTOKYO Data Highwayの整備を強力に推進してまいります。
 スポーツ振興費につきましては三千三百五十四億円を計上し、聖火リレーなどを通じた開催機運の醸成を図るとともに、交通需要マネジメントを推進するなど、大会を成功に導くための準備を進めてまいります。
 都市整備費につきましては一千四百四億円を計上し、木造住宅密集地域の不燃化や建築物の耐震化などを着実に進めるとともに、空き家対策や良質な住環境の形成の取り組みを進めてまいります。
 環境費につきましては五百九十三億円を計上し、太陽光発電による電力の自家消費プランや持続可能な資源利用に向けたプラスチック対策など、ゼロエミッション東京の実現に向けた取り組みを推進してまいります。
 福祉保健費につきましては一兆二千四百四億円を計上し、子供に優しい社会の実現に向け、とうきょうママパパ応援事業など、妊娠、出産から子育てまでの切れ目ない支援のさらなる充実を図ってまいります。
 また、世界に誇る長寿社会の実現に向け、AI等を活用した認知症研究事業など認知症施策を展開してまいります。
 産業労働費につきましては四千三百四十億円を計上し、世界経済を牽引する都市の実現に向け、スタートアップを支援するなど、起業、創業の促進に取り組むとともに、中小企業、地域産業の支援に向け、事業承継支援ファンドの創設等による経営安定化支援などに取り組んでまいります。
 さらに、誰もが輝き、活躍できる社会の実現に向け、多様な働き方ができる環境整備を進めるほか、サテライトオフィスの設置と利用を促進するなど、多様なワークスタイルの定着を図ってまいります。
 土木費につきましては五千八百三十二億円を計上し、災害の脅威から都民を守るまちづくりを実現するため、新たな調節池の事業化に着手するとともに、都内全域での無電柱化の推進など、取り組みを一層強化してまいります。
 また、骨格幹線道路の整備を進めるほか、多摩都市モノレールの事業化に向けた調査等に着手するなど、都市機能のさらなる強化に向けた取り組みを推進してまいります。
 教育費につきましては八千六百七十五億円、学務費につきましては二千三百五十五億円を計上し、新しい時代を切り開く人材の育成に向け、授業料の実質無償化の拡充、多子世帯への経済的支援など、一人一人がその個性と能力に応じて学校を選択できるよう、支援を充実してまいります。
 以上が歳出の概要でございます。
 令和二年度予算案では、東京二〇二〇大会の確実な成功に向けた取り組みに加え、未来の東京戦略ビジョンの実現に向けた政策展開を進めるため、強固で弾力的な財政基盤の堅持に努めました。
 具体的には、事業評価の取り組みにおいて、新たにICT関係評価を導入するなど、取り組みのさらなる強化を図り、約一千三十億円の財源確保につなげました。
 また、基金につきましては、大会を確実な成功へと導くための取り組みや、三つのシティーを実現するための施策に必要な財源として七千三百三十二億円を取り崩します。
 さらに、都債につきましては、将来世代の負担を考慮し、発行額を抑制するなど、今後の財政運営への備えをしっかりと講じております。
 以上が一般会計の概要でございます。
 次に、特別会計でございますが、地方消費税清算会計や公債費会計など十六会計で、歳出総額は六兆百三十四億円としております。
 次に、公営企業会計でございますが、十一会計で、支出総額は二兆八百四十八億円としております。
 その主なものとして、まず、中央卸売市場会計につきましては、一千五十一億円を計上し、中央卸売市場のさらなる活性化に向けて取り組むとともに、第十次卸売市場整備計画に基づき、経営戦略の策定などを進めてまいります。
 高速電車事業会計につきましては三千五十億円を計上し、ホームドアの整備やトイレの洋式化などに取り組んでまいります。
 水道事業会計につきましては五千九十二億円を計上し、浄水施設や送配水施設などの整備を進めてまいります。
 下水道事業会計につきましては七千三百九十六億円を計上し、区部及び流域下水道の建設並びに改良などを進めてまいります。
 以上、令和二年度当初予算案の概要についてご説明申し上げました。
 なお、令和二年度補正予算案といたしまして、令和二年度都区財政調整協議の合意内容に基づき、特別区財政調整交付金を増額しております。一般会計、特別区財政調整会計の二会計で、総額三十七億円でございます。
 また、令和二年度補正予算案の追加分といたしまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う都民の不安解消と都民生活の安全・安心の確保に向けて、感染症対策を強化するとともに、経済活動への影響を最小限に抑えてまいります。一般会計、病院会計の二会計で、総額三百三十七億円でございます。
 以上、よろしくご審議をお願い申し上げます。

○本橋委員長 ただいま説明が終わりました。
 次に、資料要求について申し上げます。
 ただいま議題となっております議案について、お手元ご配布のとおり、資料要求がございました。
 朗読は省略いたします。

   〔「令和二年予算特別委員会資料要求について」は本号末尾に掲載〕

○本橋委員長 お諮りいたします。
 本件は、いずれも委員会の資料要求とすることにご異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○本橋委員長 ご異議なしと認めます。理事者におかれましては速やかにご提出をお願いいたします。
 この際、議事の都合により、暫時休憩といたします……
   〔山崎委員発言を求む〕

○山崎委員 この委員会が開く前に、十三日までちょっと理事会が開催されない関係で、ちょっと委員長に、先日の理事会の対応についてお伺いをしたいと思いますが、先日の委員会--まあ詳しいことは平場なのでいえませんけれど、委員長の方から新型コロナウイルス感染症の対策についての案というものが先日の理事会で示されましたが、いろいろと各会派からご意見が出た中、最終的にどのようになるのか、私もいろんな要望をさせていただきました。
 ほかの会派さんもいろんな要望をされておりましたけれど、きょうのこの委員会が始まる前までに委員長から何もその返事、返答がなかったわけでありまして、その点も含めて、ぜひ委員長の方から、先日の協議した内容についてもしっかりと、この委員会が午後から審議が始まるわけでございますけれど、しっかりと対応をしていただきたいことをまずお願いをさせていただきたいと思います。
 ですので、まず交渉係を集めていただいて、しっかりとこの場でどういうふうにしていくのかということを提示をしていただきたいと思いますけれど、いかがでしょうか。

○本橋委員長 ただいま山崎副委員長からご意見がございました。交渉係をここで集めて議論ということですね。
 それでは、一旦委員会を暫時休憩とさせていただきますので……
   〔発言する者あり〕

○本橋委員長 委員会を一旦……。
   〔伊藤(ゆ)委員発言を求む〕

○伊藤(ゆ)委員 今、山崎副委員長から提案があったようですけれども、本来であれば、理事会、あるいはまた理事会にかわって、理事会の前の各会派における調整において議論があるべきものと思います。
 もう既に委員会に対する局側の説明は今終了されておりますので、休憩をこの後されて、通常どおり休憩をされて、一時再開までの間に各理事の間、または交渉係の間において、今ご提案の議題については整理を行いたいと思いますので、そのようにお取り計らいをお願いしたいと……

○本橋委員長 まず、速記をとめてください。
   〔速記中止〕

○本橋委員長 速記を再開してください。
 この際、議事の都合により、暫時休憩といたしますので、よろしくお願いいたします。
 なお、再開は午後一時の予定ですので、よろしくお願いいたします。
   午前十一時十二分休憩

ページ先頭に戻る