本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

北朝鮮による核実験実施への抗議について

 北朝鮮は、1月6日、水爆実験を実施したと発表した。

 平成18年、平成21年及び平成25年と過去3回の核実験の際にも、国際社会は強く非難し、東京都議会も厳重に抗議を行ってきたにもかかわらず、今回4回目となる核実験が行われたことは、これまでの関連する国連安保理決議にも明らかに反するものであり、国際社会に対する重大な挑戦である。

 我が国は、広島・長崎への原子爆弾投下によって、多くの尊い人命が失われ、首都東京も戦禍による多大な犠牲を経験したことなどから、都民は、軍縮とりわけ核兵器の廃絶を心から願っている。

 北朝鮮は、これまでも拉致をはじめ、核実験やミサイル発射などを繰り返し、国際社会のルールや秩序を無視してきた。

 北朝鮮が水爆実験を強行したことは、都民の願いや国際社会のルールや秩序を無視した暴挙であり、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく害するものとして断じて容認することはできない。

 よって、東京都議会は、今回の北朝鮮の水爆実験に対し厳重に抗議する。

 政府においては、これまで以上に強力な外交を展開するとともに、関係諸国と連携し、断固とした対応を採るよう強く求める。また、環境面への影響についても十分な調査を行うなど、国民の不安を払拭するよう適切な対策を講じることを求める。

 平成28年1月6日

東京都議会議長 川井しげお
東京都議会副議長 小磯善彦 
東京都議会自由民主党幹事長 宇田川聡史
都議会公明党幹事長 長橋桂一 
日本共産党東京都議会議員団幹事長 大山とも子
都議会民主党幹事長 尾崎大介 
都議会維新の党幹事長 野上ゆきえ
かがやけ Tokyo幹事長 上田令子 
都議会生活者ネットワーク幹事長 西崎光子 

問い合わせ先
議会局議案法制課
電話03-5320-7135
Fax03-5388-1774

ページ先頭に戻る