ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

総括質疑(要旨)3月9日

伊藤ゆう(都ファースト)

Q 知事は国に対しワクチンの確保と合理的な都への配分の働きかけを。
A 陽性者や入院患者数の勘案等を国に求めた。今後も十分な確保と供給を求める。
Q 変異株対策はシークエンス機能強化に取り組むべき。知事の見解は。
A 感染力強い変異株で状況は一変する懸念。民間検査機関も活用し、スクリーニング検査を拡充し、監視体制を強化する。
Q 都立・公社病院等の一部を急性期医療に備えた施設として終息後も確保を。知事の所見は。
A コロナに打ち勝った後、今回講じた対策等を生かすよう、医師会、区市町村等と連携し検討する。
Q 後遺症に苦しむ方々に適切に対応すべき。知事の所見は。
A 都立・公社病院の患者支援センターに相談窓口等を設置し、症状への相談に応じ、知見を蓄積する。
Q 自転車のデリバリー宅配員に安全な宅配促すため、配達バッグ等にナンバーを付けるよう事業者に促すべき。
A 事業者団体等と協議し、番号表示等具体的な提案を行い、対策強化促す。
Q 出産への10万円規模の経済的支援を知事に要望し実現した。知事の所見は。
A 御会派の要望を受け、出産応援事業を開始する。コロナ禍で出産・育児に臨む方々の気持ちに寄り添って進める。
Q 東京都生活応援事業の狙いを知事に伺う。
A デジタルを活用した地域経済活性化に向け、キャッシュレス決済に取り組む区市町村を支援。多くの方に利便性を実感してもらうため、デジタル機器に不慣れな方へ普及啓発等行う。
Q 選択的夫婦別姓制度含め女性活躍、ジェンダー平等に関する知事の見解は。
A 知事就任以来、女性活躍の推進を重要課題と位置付けてきた。今後もあらゆる分野で多様な方々が活躍できるよう取り組む。

ページ先頭に戻る