ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

MaaS社会実装モデルを構築
鉄道の混雑緩和対策の促進を

鈴木邦和(都ファースト)

MaaS
実証実験は各エリアの移動ニーズを踏まえて行い、社会実装モデルの構築を。
政策企画局長 ニーズを調査し移動サービスのあり方を検証。都独自モデル構築を目指す。
鉄道の混雑緩和
対策促進に向けた取組は。
都市整備局長 時間差料金制等の効果について有識者等と意見交換し、実現可能性を検討。
行政サービスのICT化促進
検討すべき。
知事 ソサエティ5.0の実現に向け検討会を立ち上げ施策展開の方向性をしっかり検討。

MaaS Mobility as a Serviceの略。出発地から目的地までの移動ニーズに対して最適な移動手段をシームレスに一つのアプリで提供する等、移動を単なる手段としてではなく、利用者にとっての一元的なサービスとして捉える概念のこと。

ソサエティ5.0 狩猟社会(ソサエティ1.0)、農耕社会(ソサエティ2.0)、工業社会(ソサエティ3.0)、情報社会(ソサエティ4.0)に続く新たな社会のこと。