本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

しめくくり総括質疑(要旨)3月26日

中山信行(公明党)

Q 水道管工事の発注量安定のため財政面での工夫、企業債の活用を図るべき。
A 企業債の活用方法等も含め管路更新における財源確保について幅広く検討する。
Q 4月から始まる、有期雇用契約の更新が通算5年を超えると無期雇用の権利が発生する無期転換ルールの普及と相談体制の充実を。
A ルールの本格化に向け啓発資料の配布やセミナーの開催等、支援を続ける。
Q 労務管理の適正化を通して人手不足の解消に取り組む福祉職場を支援すべき。
A 30年度は労務管理等の研修を実施する等、人材対策に取り組む事業者を支援。
Q 国が通信制高校の課題を整理し、高校が都の指導等を受け入れるのであれば認可校でなくても特別奨学金の適用範囲に加えるべき。
A 国の動向を注視し対応を検討。
Q 大規模長屋は防災上課題がある。取組強化を。
A 建物の安全性の確保等の観点から、建築安全条例の改正が必要。見直しに向けて対応する。
Q 30年度税制改正では中小企業の償却資産に関する固定資産税を減額する方向。減額割合は自治体で決めるが、都は負担割合をゼロにすべき。
A 地方税法改正案の成立後に条例改正を提案。