ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

豊洲市場移転問題の真相解明を
幹線道路事業等を抑制すべき

畔上三和子(日本共産党)

築地市場の豊洲移転
〔1〕知事は豊洲用地購入の経過も明らかにすると述べたが、どのように真相を解明するのか。〔2〕土壌汚染対策費や建設費が膨らんだ要因を厳しく調査すべき。
知事 〔1〕これまでの売買契約等を精査することとした。問題の所在が明らかになると期待している。〔2〕豊洲市場整備費の増大も移転延期決断の理由の一つ。検証を進めるとともに、今後の入札契約制度の見直しも検討している。
福祉施策
〔1〕世論調査で要望の高いのは高齢者対策だ。都民の願いを受け止め、高齢者福祉の充実を。〔2〕保育サービスの増設目標早期達成と認可保育園の大幅増設で量と質の拡充を。〔3〕厚生委員会で心身障害者医療費助成を精神障害者も対象にすることを求めた請願が全員一致で採択された。一日も早い実施を。
知事 〔1〕低所得の高齢者にとっても、東京を安心して暮らせるまちにしていきたい。
福祉保健局長 〔2〕保育サービスの拡充と質の向上ができるよう支援してきた。区市町村と連携して取り組んでいく。〔3〕今後、議会の意見等を踏まえ幅広く調査等を行う必要がある。
都独自の給付型奨学金
生活保護世帯の生徒に恩恵がないため、更なる取組の充実を。
知事 29年度から、所得にかかわらず、無利子の入学支度金貸付額を20万円から25万円に引き上げる等、教育格差の解消を図る。
防災対策
消防装置充実や深井戸の設置を。
消防総監 小型ポンプ車164台の効果的な配置や、地下水活用による深井戸の設置等計画的に整備し、消防車両や消防水利を充実。
東京五輪大会
競技場整備費以外に費用の大半を負担することになれば、施策が圧迫されて都政への失望を広げかねない。所見は。
知事 都民負担をできる限り軽減し、施策に影響を及ぼさないよう財源も含め幅広く検討。
財政運営
13年ぶりの投資的経費削減は重要。幹線道路事業等を適切に抑制すべき。
知事 都市インフラ整備は利便性向上等に不可欠だが、見直しを行った上で進めていく。めり張りをきかせ、都政の諸課題に取り組む。

ページ先頭に戻る