ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

大会後を見据えた施設整備を
感染症のあらゆる事態に備えよ

尾崎大介(民主党)

五輪施設の見直し
ロンドン視察を踏まえ、大会後のビジネスモデルを含めた会場整備を。
知事 民間提案を募集するなど、幅広く検討中。都民に活用されるものとして整備進める。
感染症対策
エボラ出血熱等の感染症についてあらゆる事態に備え、都民の不安払拭を。
知事 訓練等踏まえたマニュアルを作成。今後も正確な情報周知と関係機関の連携を強化。
救急医療
搬送時間の短縮に向けた取組は。
消防総監 救急相談センター強化や東京版救急受診ガイド周知等を実施。今後も短縮図る。
子供の死因究明
悲劇を一つでも多く防ぐため、チャイルドデスレビュー制度の構築を。
福祉保健局長 都は国の研究班と死因調査を行った。国のモデル事業の動向を注視する。
雇用
不本意な非正規雇用から正規雇用への転換支援等、都民生活安定に資する取組を。
産業労働局長 今後も社内での正社員転換や、きめ細かな就職支援を国と連携し実施する。
燃料電池車
水素社会実現に知事の見解は。
知事 戦略会議で取りまとめた総合的な戦略を長期ビジョンに反映。独自促進策含む補正予算案も提出。今後、官民一体で取組を加速。

チャイルドデスレビュー Child Death Review(CDR)。1978年に児童虐待予防を目的として、アメリカ・ロサンゼルスで始まり、現在、アメリカ全土、イギリス、カナダ、オーストラリア等でも実施。アメリカでは、警察、児童保護サービス、検察官、弁護士、監察医等の各分野の代表者が参加し、児童等の死因を調査している。