ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

都民が安心して暮らせる
活力ある東京の実現に向けて

東京都議会自由民主党幹事長 宮崎章

 昨年、東日本大震災を経験して、あらためて災害への備えの重要性を学びました。都民が安心して暮らせるだけでなく、東京が都市として発展するためには東京を高度防災都市として整備することが必要です。木造住宅密集地域の解消、高潮や津波対策、緊急時輸送道路やライフラインの確保などハード面の対策を進めます。また、災害時の情報連絡の確保、地域の防災力の向上、物資の備蓄、電力や物流ネットワークの確保、帰宅困難者対策などのソフト面の対策にも取り組みます。

 リーマンショック後の景気回復の歩みは遅く、さらに急激な円高によって都内の中小企業は厳しい経営環境にさらされており、産業の空洞化が懸念されます。東京の産業を守るため、中小企業の経営を支援し、産業の振興を図ります。また、引き続き雇用環境が厳しいため、若年者を中心に就業対策を進めます。全力で景気対策に取り組んでまいります。

 我が国は少子高齢化に直面し、人口も減ってきています。東京の活力を守るためにも、医療、福祉などさまざまな面から少子高齢化対策に取り組みます。

 オリンピック、パラリンピックの開催は子供たちに、夢を与え、世界に震災からの日本の復興をアピールできます。2020年の招致を全力を挙げて実現します。

 今年も都民の皆様が安心と安全を実感でき、活力ある東京を実現するための政策に努めてまいります。