ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

築地市場現在地再整備の検討を
オリンピック招致失敗の総括を

大沢昇(民主党)

副知事
4人制の意向を示した。真意は。
知事 都政発展のため枠を最大限活用。今具体案ないが今後必要と判断すれば議会に諮る。
22年度予算
〔1〕2年連続減の予算案において特に重視した点は。〔2〕都民に対する施策の前進と健全な財政運営で都民福祉の向上を。
知事 〔1〕東京の現在と将来に対し、都が為すべき役割を積極的に果たすことを基本に編成。
財務局長 〔2〕事務事業評価強化などで強固な財政力を確保し、堅実な財政運営に取り組む。
築地市場
〔1〕現在地再整備を求める人達が具体案を発表。検討のたたき台に十分な案であり、現在地再整備を再検討すべき。〔2〕市場関係業者の意向調査し本音把握すべき。〔3〕土壌汚染原因者である東京ガスとの協議は。
知事 〔1〕民主党が責任持って具体的な再整備案を示せば議論することはやぶさかではない。
中央卸売市場長 〔2〕業界団体の大多数が移転整備の意思を表明。改めて調査の考えはない。〔3〕都から詳細調査結果などを説明。今後も現在の実験結果などを踏まえ更に協議を進める。
新銀行東京
〔1〕知事は旧経営陣に対する訴訟に自らが証言するなどで真相究明に協力すべき。〔2〕旧経営陣が報酬自主返納拒む状況への認識は。〔3〕今回の訴訟対象外の責任や多額な損失を招いた責任も徹底的に検証すべき。
知事 〔1〕公正、中立な司法の場で原因と責任が明らかにされることが重要。株主として協力は絶対に惜しまない。〔2〕自主返納は銀行が主体的に決めたこと。都はその取組を見守る。
産業労働局長 〔3〕銀行は調査分析結果を踏まえて訴訟提起。改めて都が検証する必要ない。
再生可能エネルギー利用拡大
認識は。
知事 先駆的な再生可能エネルギー政策を展開、今後も低炭素型社会への転換を先導する。
交通政策
〔1〕羽田空港ハブ化の深夜早朝便に対応した空港アクセスの検討を。〔2〕京浜港の国際戦略港湾としての選定に向けた取組は。
都市整備局長 〔1〕供用開始に向けて、公共交通手段の確保など、アクセス充実に取り組む。
港湾局長 〔2〕京浜港共同ビジョン作成し選定に応募。指定受け存在確固にすべく取り組む。
医療施策
東京ルールの効果と課題を検証し、更なる支援策などの方策を検討すべき。
福祉保健局長 医師確保を一層支援。検証を進め、救急医療体制の一層の充実に努める。
がん対策
〔1〕子宮頸がんワクチンの公費助成などの取組を。〔2〕先頃作成した地域連携クリティカルパスをどう活用していくのか。
福祉保健局長 〔1〕ワクチン接種の助成行う区市町村に支援を検討。接種の有効性など啓発。〔2〕診療記録など記載した手帳提示で情報共有し、より適切な診療や療養生活の質向上を図る。
オリンピック・パラリンピック招致
〔1〕招致委員会の借入金の経緯、返済方法は。〔2〕招致の失敗の総括と課題解決に向けた所見は。
知事 〔2〕東京への招致訴えたが、残念ながら至らなかった。リオのように、国やスポーツ界、経済界などが総力を結集、一体感を持って臨んで初めて勝ち得るものと改めて思い知る。
招致本部長 〔1〕金融危機により寄附金などの目標達成が困難。経費圧縮などの後、不足を借り入れ。委員会はスポーツ振興事業収入などで返済予定。返済に都が公費投入することはない。

国際戦略港湾 国土交通省が、更なる選択と集中により国際競争力を強化するため選定する港湾。22年2月に選定基準を発表し公募。