ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

中小企業支援・雇用創出対策、
周産期医療体制の強化を急げ

藤井一(公明党)

中小企業支援・雇用対策
〔1〕運転資金必要な企業につなぎ融資拡大を。〔2〕機械設備など担保の融資創設を。〔3〕区市町村が取り組みやすい仕組みで雇用拡大を。正規雇用への支援も。
産業労働局長 〔1〕保証の審査を原則3営業日以内で行うクイックつなぎの融資限度額を拡大。〔2〕担保物件の評価方法など課題を踏まえ可能性検討。〔3〕地域の実情に合う雇用創出効果の高い仕組みを構築。就職チャレンジ支援事業などにより安定した雇用実現を目指す。
NICU
区東部や多摩地域の病床数少ない。増床を前提に病床数均衡化急げ。
福祉保健局長 医師や病床確保へ周産期連携病院を支援。地域を越えた支援の仕組み検討。
医師奨学金制度
拡充し産科医などの確保を。
福祉保健局長 小児や周産期医療の医師確保に医学部5、6年生対象の新たな制度を検討。
新型インフルエンザ対策
感染拡大防止策強化に発生時対応マニュアルの見直し図れ。
総務局長 国のガイドライン改定踏まえ検討。
児童養護施設の小規模グループケア
どの施設でも実施できるよう支援強化をすべき。
福祉保健局長 11月現在約8割で実施。近隣建物の活用など新たな支援策検討し取り組む。
盲ろう者
支援拠点を全国に先駆け設置を。
福祉保健局長 的確な支援を重点的に行う必要あり都における支援拠点設置を早急に検討。
エコポイント
都の施策と組み合わせ、施策推進のインセンティブとして活用の検討を。
環境局長 環境配慮の商品が消費者に選択されるよう普及促進策の一つとして導入を検討。
新銀行東京
〔1〕中間決算は金融庁の検査結果を反映した数字か。400億円の追加出資は毀損(きそん)されたか。〔2〕旧経営陣への責任追及は。
知事 〔2〕銀行が外部の弁護士に委託し調査中。都民の理解が得られるよう厳正に対応する。
産業労働局長 〔1〕中間決算は金融庁検査結果をすべて反映。追加出資は毀損されていない。