ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

財政再建の果実は都民に還元を
福祉・健康都市東京の実現を

宮崎章(自民党)

知事の政治姿勢
〔1〕3選にかける意気込みを。〔2〕大気汚染訴訟で医療費助成制度などの解決策を提案。困難な道程を選択した考えは。
知事 〔1〕東京発日本再生は第一章を終えたばかり。東京のかじ取りを引き続き身命を賭して担っていく覚悟。〔2〕具体的な政策を通じて都民を救うことこそが政治の本来の役割。
「10年後の東京」
〔1〕策定・公表に当たっての基本的考え方と知事の決意は。〔2〕実現に向けての実効性をどう確保するのか。〔3〕多摩地域が発展する姿をどう描き、振興を図るか。
知事 〔1〕東京の可能性を具体的な政策の方向性で示した近未来図。必ず達成出来ると確信。〔3〕首都圏の中核として発展の姿描く。多摩の潜在力を開花させ市町村と連携し振興を図る。
知事本局長 〔2〕基金の戦略的活用と全庁の英知を束ね、重要施策・重点事業で具体化図る。
19年度予算案
〔1〕財政再建で得られた果実は都民一人ひとりに還元すべき。〔2〕新たな三つの基金を創設した意義と具体的活用方針は。
知事 〔1〕10年後の東京の姿を展望しながら、都民の負託に積極的に応えていきたい。
財務局長 〔2〕景気変動に左右されない安定的事業実施など。設置目的などから事業選定し充当。
緑の都市づくり
緑に包まれた美しい都市に再生するため大胆な方策の総合的な推進を。
知事 都民などを巻き込んだ緑のムーブメントの展開など、美しい緑の都市の実現を目指す。
福祉のまちづくり
五輪招致などを機会に、ユニバーサルデザインにより一層加速すべき。
福祉保健局長 促進事業を本格開始し、世界のユニバーサルデザイン最先端都市を目指す。
福祉・健康安心基金
今後の施策展開は。
福祉保健局長 仕事と子育ての両立支援などを予定。具体的には来年度から検討していく。
がん対策
がん対策推進計画策定に当たって、これからの動向踏まえ各種施策の充実を。
福祉保健局長 19年度早期に東京都がん対策推進協議会を設置し、計画策定して取り組む。
障害者施策
〔1〕取り組む基本姿勢は。〔2〕東京都障害者福祉計画で、数値目標も定めるとのことだが、その内容は。〔3〕国は我が党が提案した利用者負担の軽減など、自立支援法の円滑運用対応策を示した。この改善策をどう受け止めているか。
知事 〔1〕喫緊課題である就労支援の充実強化を図り、地域で自立して暮らせる社会を実現。
福祉保健局長 〔2〕障害福祉サービスの必要見込量など、平成23年度末までの具体的数値目標予定。〔3〕議員の提言や都緊急要望などが結実。
シルバーパス
国の税制改正に伴う負担増額に対する据置措置について、再度の継続を。
福祉保健局長 指摘の点踏まえ適切に検討。