ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

都市基盤整備に積極的な予算を
福祉はきめ細かな施策展開を

比留間敏夫(自民党)

沖ノ鳥島
中国の理不尽な主張などに対し断固たる措置を構ずるべきだが、知事の所見を。
知事 沖ノ鳥島がわが国の領土であることは事実。国と協力し、しっかり守っていきたい。
17年度予算編成
〔1〕基本的な考え方は。〔2〕都市基盤整備は重要との認識で予算編成を。
知事 〔1〕東京の新たな発展を目指しつつ財政構造改革を一層推進する予算として編成した。〔2〕東京再生のため財源を重点的に投入する。
都区制度改革
身近な事務は区に任せ、都は府県行政や広域的大都市行政に徹するべき。
知事 区を総合的にとらえた都市経営を強化し、首都圏全体を見据えた行政に力を注ぐ。
指定管理者制度
都として統一的考え方を。
総務局長 全体に共通する基本的考え方は統一的な取り扱いとなるよう各局と調整する。
東京湾の津波対策
対策を早急に講じよ。
総務局長 関係区と連携し、取組を進める。
地震対策
東部低地帯の河川の地震対策は。
建設局長 中川などの特に整備が急がれる5キロは20年度までに耐震補強を完成させる。
架空請求緊急対策
具体的な取組は。
生活文化局長 専用相談電話の開設や悪質業者への警告、最新の手口や対応策を提供する。
多摩振興
〔1〕横田基地の軍民共用化について今後の取組は。〔2〕多摩リーディングプロジェクトが目指す多摩振興へ、知事の決意は。
知事 〔1〕国に対米交渉の促進を働きかけ、早期実現を図る。〔2〕圏央道アクセス道路や南北道路の整備などの都事業を重点的に推進する。
地球温暖化問題
京都議定書発効を契機に、都は今後どう温暖化問題に取り組むのか。
知事 総合的なCO2削減の取組や省エネ型製品の普及促すラベリング制度創設などを推進。
中央環状品川線
早期完成に向けた決意は。
知事 公団民営化に先駆け、都が17年度街路事業で品川線建設に着手し早期完成を目指す。
新銀行東京
開業を間近に控え、展望は。
知事 中小企業支援を中心に活動する意義は極めて大きい。着実な成長を強く期待する。
固定資産税などの負担緩和
商業地などの負担水準の上限引き下げなど、一連の措置の効果は。
知事 負担の公平を図り、納税者の信頼を確保するとともに東京の活力の再生に資する。
少子化対策
次世代育成支援東京都行動計画に盛り込む予定の具体的な内容は何か。
福祉保健局長 総合補助制度の創設や仮称子ども家庭総合センターの設置などを盛り込む。
介護保険制度改革
改革後の制度の円滑な実施に向け、事前準備を十分に尽くすべき。
福祉保健局長 介護予防マネジメントを行う人材の養成や介護予防拠点の整備に取り組む。
学校の安全
大阪府寝屋川市での事件を受け、学校の安全対策を一層強化すべきだが。
教育長 緊急通報体制の有効活用や安全管理の総点検を指導した。今後一層強化していく。