ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

東京都議会 開設60年記念行事の報告

 都議会は、今年開設60年の節目を迎え、これを記念して10月に様々な催しを行いました。

 5日は、都政ギャラリーにおいて開設60年記念展のオープニング・テープカットが行われ、友好都市の北京市とソウル特別市の議会代表がお祝いに駆けつけ、にぎやかなスタートとなりました。記念展では、都議会60年のあゆみや国際交流をパネルで紹介、都議会議員の似顔絵コーナーや速記の実演を披露し、11日まで大勢のお客様が訪れました。

 議場では、江東区立明治小学校マーチングバンドの元気あふれる華やかな演奏で幕が開かれた後、「議会活動とボランティア」をテーマに、弁護士でさわやか福祉財団理事長の堀田力氏による講演が聴衆を魅了しました。後半は、次代を担う都内中学生70人と都議会議員とで学校や環境、福祉、まちづくりについて意見交換が行われ、中学生のフレッシュな提言や鋭い質問に議員の答弁にも力が入り、議場内は熱気に包まれました。

 また、都議会が発足してからちょうど60年目に当たる11日には、本会議終了後に式典が行われ、「東京都議会開設六十年宣言」が満場の拍手で賛同されました。

東京都議会開設六十年宣言
 東京都議会は、昭和十八年十月十一日に、第一回臨時会を開会した。本日は、その開会から数えて六十年目を迎える記念すべき日である。
 東京は、都議会開設後まもなく戦禍にみまわれ、多くの尊い生命と財産が失われた。しかし、都民は、戦後の廃墟の中から、たゆまぬ努力によって復興を果たし、世界に類をみない、奇跡的ともいえる発展を成し遂げたのである。
 東京は、今や日本の首都として、また世界の中枢都市として、国内外から大きな役割を期待されている。
 一方、東京は、都市再生、環境保全、産業振興など、早急に解決すべき課題を数多く抱えている。
 我々は、これらの課題を一丸となって解決し、この東京を、安心して豊かに暮らせる、魅力ある大都市として築き上げ、次の世代に引き継いでいかなければならない。
 今日、地方分権の時代にあって、議会が担う役割はますます重要なものとなっている。
 東京都議会は、「開設六十年」の節目に当たり、より一層都民の負託に応えるよう、改革と躍進をめざし、全力を挙げて邁進する。
 右宣言する。

 平成十四年十月十一日 東京都議会