1. トップ
  2. 本会議の会議録
  3. 平成24年第1回臨時会

平成二十四年第一回臨時会会議録

平成二十四年十月三十一日(水曜日)
 出席議員 百二十四名
一番小林 健二君
二番加藤 雅之君
三番小宮あんり君
四番吉住 健一君
六番福士 敬子君
七番土屋たかゆき君
八番野上ゆきえ君
九番佐藤 広典君
十一番中村ひろし君
十二番西沢けいた君
十三番田中  健君
十四番関口 太一君
十五番畔上三和子君
十六番斉藤やすひろ君
十七番栗林のり子君
十八番遠藤  守君
十九番松葉多美子君
二十番桜井 浩之君
二十一番山崎 一輝君
二十二番鈴木 章浩君
二十三番菅  東一君
二十四番田中たけし君
二十五番くりした善行君
二十六番山内れい子君
二十七番小山くにひこ君
二十八番淺野 克彦君
二十九番新井ともはる君
三十番佐藤 由美君
三十一番たきぐち学君
三十二番田の上いくこ君
三十三番島田 幸成君
三十四番しのづか元君
三十五番大島よしえ君
三十六番伊藤こういち君
三十七番大松あきら君
三十八番中山 信行君
三十九番高倉 良生君
四十番鈴木 隆道君
四十一番宇田川聡史君
四十二番高橋 信博君
四十三番中屋 文孝君
四十四番鈴木あきまさ君
四十五番矢島 千秋君
四十六番高橋かずみ君
四十七番柳ヶ瀬裕文君
四十八番星 ひろ子君
四十九番滝沢 景一君
五十番中谷 祐二君
五十一番笹本ひさし君
五十二番山下ようこ君
五十三番神野 吉弘君
五十四番鈴木 勝博君
五十五番興津 秀憲君
五十六番岡田眞理子君
五十七番古館 和憲君
五十八番かち佳代子君
五十九番上野 和彦君
六十番吉倉 正美君
六十一番橘  正剛君
六十二番野上 純子君
六十三番谷村 孝彦君
六十四番山加 朱美君
六十五番吉原  修君
六十六番三宅 正彦君
六十七番早坂 義弘君
六十八番相川  博君
六十九番林田  武君
七十番服部ゆくお君
七十一番野田かずさ君
七十二番西崎 光子君
七十三番伊藤 ゆう君
七十四番原田  大君
七十五番尾崎 大介君
七十六番山口  拓君
七十七番伊藤まさき君
七十八番松下 玲子君
七十九番西岡真一郎君
八十番吉田康一郎君
八十一番たぞえ民夫君
八十二番吉田 信夫君
八十三番小磯 善彦君
八十四番長橋 桂一君
八十五番藤井  一君
八十六番鈴木貫太郎君
八十七番こいそ 明君
八十八番遠藤  衛君
八十九番きたしろ勝彦君
九十番高木 けい君
九十一番神林  茂君
九十二番三原まさつぐ君
九十三番田島 和明君
九十四番古賀 俊昭君
九十五番泉谷つよし君
九十六番くまき美奈子君
九十七番大西さとる君
九十八番今村 るか君
九十九番増子 博樹君
百番いのつめまさみ君
百一番小沢 昌也君
百二番石毛しげる君
百三番大津 浩子君
百五番清水ひで子君
百六番ともとし春久君
百七番東村 邦浩君
百八番中嶋 義雄君
百九番木内 良明君
百十番三宅 茂樹君
百十一番山田 忠昭君
百十二番村上 英子君
百十三番野島 善司君
百十四番川井しげお君
百十五番吉野 利明君
百十六番宮崎  章君
百十七番比留間敏夫君
百十八番門脇ふみよし君
百十九番斉藤あつし君
百二十番大塚たかあき君
百二十一番酒井 大史君
百二十二番山下 太郎君
百二十三番大沢  昇君
百二十四番中村 明彦君
百二十五番和田 宗春君
百二十六番馬場 裕子君
百二十七番大山とも子君

 欠席議員 なし
 欠員
   五番 十番 百四番

 出席説明員
知事石原慎太郎君
副知事安藤 立美君
副知事猪瀬 直樹君
副知事秋山 俊行君
教育長比留間英人君
東京都技監建設局長兼務村尾 公一君
知事本局長前田 信弘君
総務局長笠井 謙一君
財務局長中井 敬三君
主税局長新田 洋平君
警視総監樋口 建史君
生活文化局長小林  清君
スポーツ振興局長細井  優君
都市整備局長飯尾  豊君
環境局長大野 輝之君
福祉保健局長川澄 俊文君
産業労働局長中西  充君
港湾局長多羅尾光睦君
会計管理局長松田 芳和君
交通局長中村  靖君
消防総監北村 吉男君
水道局長増子  敦君
下水道局長小川 健一君
青少年・治安対策本部長樋口 眞人君
病院経営本部長塚田 祐次君
中央卸売市場長塚本 直之君
選挙管理委員会事務局長影山 竹夫君
人事委員会事務局長真田 正義君
労働委員会事務局長岳野 尚代君
監査事務局長松井多美雄君
収用委員会事務局長醍醐 勇司君

十月三十一日議事日程第一号
第一 知事退職の同意について

   午後一時開会・開議

○議長(中村明彦君)  ただいまから平成二十四年第一回東京都議会臨時会を開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。

○議長(中村明彦君)  まず、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第百二十四条の規定により、議長において
   九番   佐藤 広典君 及び
   七十二番 西崎 光子さん
を指名いたします。

○議長(中村明彦君)  次に、議事部長をして諸般の報告をいたさせます。

○議事部長(別宮浩志君) 平成二十四年十月二十六日付東京都告示第千五百五十一号の二をもって、知事より、本臨時会を招集したとの通知がありました。
 また、平成二十四年第三回定例会の会議において同意を得た監査委員、教育委員会委員及び公安委員会委員の任命について発令したとの通知がありました。
 次に、人事委員会より、平成二十四年十月十二日付で、都の一般職の職員の給与についての勧告等がありました。
(別冊参照)

○議長(中村明彦君)  次に、閉会中の防災対策特別委員の辞任及び選任について申し上げます。
 去る十月二十六日付をもって興津秀憲君及びいのつめまさみさんよりそれぞれ辞任願が提出されましたので、委員会条例第十一条第一項ただし書きの規定により、議長において、それぞれ同日付をもってこれを許可いたしました。
 なお、委員の欠員を補充するため、委員会条例第五条第四項の規定により、議長において同日付をもって笹本ひさし君及び山下ようこさんを指名いたしました。
 次に、閉会中のオリンピック・パラリンピック招致特別委員の辞任及び選任について申し上げます。
 去る十月二十六日付をもって新井ともはる君及び大西さとる君より、それぞれ辞任願が提出されましたので、委員会条例第十一条第一項ただし書きの規定により、議長において、それぞれ同日付をもってこれを許可いたしました。
 なお、委員の欠員を補充するため、委員会条例第五条第四項の規定により、議長において、同日付をもってくまき美奈子さん及びいのつめまさみさんを指名いたしました。

○議長(中村明彦君)  会期についてお諮りいたします。
 今回の臨時会の会期は、本日一日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(中村明彦君)  ご異議なしと認めます。よって、会期は一日と決定いたしました。

○議長(中村明彦君)  陳情の付託について申し上げます。
 本日までに受理いたしました陳情一件は、お手元に配布の陳情付託事項表のとおり、財政委員会に付託いたします。
(別冊参照)

○議長(中村明彦君)  お諮りいたします。
 ただいま財政委員会に付託いたしました陳情は、閉会中の継続審査に付したいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(中村明彦君)  ご異議なしと認めます。よって、本件陳情は、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。
(別冊参照)

○議長(中村明彦君)  これより日程に入ります。
 日程第一、知事退職の同意についてを議題といたします。
 議事部長をして申出書を朗読いたさせます。
   〔別宮議事部長朗読〕
 今般諸般の事情をかんがみ、都知事の職を辞任することになりました。
 議会の承諾をいただきたく、でき得れば早期に辞任に関する議会を開催していただきたくお願い申し上げます。
  平成二十四年十月二十五日
 中村議長様
石原慎太郎

○議長(中村明彦君)  お諮りいたします。
 本件は、知事の本日付の退職に同意することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(中村明彦君)  ご異議なしと認めます。よって、本件は、知事の本日付の退職に同意することに決定いたしました。
 この際、知事の職を退任されることになりました石原慎太郎君よりあいさつがあります。
 石原慎太郎君。
   〔知事石原慎太郎君登壇〕

○知事(石原慎太郎君) ただいま事務局から報告がありましたとおり、今回、諸般の現状にかんがみて、知事を辞任する決心をいたしました。
 思い返してみますと、この足かけ十四年間、正確には十三年と七カ月、議会の皆さんの協力を受けて、私が就任当初、大それたいい分ではありますけれども、東京から日本を変えるという志のもとに、皆さんの協力を受けて、東京ならではの新しい改革、実践をやってきたと思います。これは、決して私一人でできることではなくて、やはり都民を代表し、都民の意思というものを反映された皆様の協力あっての実績だと思います。
 トラック協会も、いろいろな費用をあえて覚悟で、この東京の空気を改良すべく、大気汚染の改革のために協力をしてくれました。また、国がやっていない、当然すべき、先進国では日本だけがおくれている新しい会計制度、複式簿記・発生主義も、皆さんの協力で採用できました。また、国が法律で規定している外部監査も、導入することによって、東京の財政の運営というものを非常に合理化することができたと思います。
 その他この他で、やはり皆さんのご協力あってのこの成果だと思いますが、しかし道半ばで阻まれたこともございます。これはもう私、繰り返して申してきましたけれども、非常に硬直した、国家の官僚が仕切っている国政というものが、この東京がやろうとした改革の大きな障害になってきたことは否めません。
 ゆえにも、私は、やっぱり東京をもっともっと力強く蘇生させ、かつまた、防災にも強いまちにするためにも、そしてまた国家全体のために、例えば、五年後にはもう完全に満杯となる航空事情というものを、これらを補うためにも、横田を共同使用するということ、今回は、新しい総理大臣は、ようやくもう一回説得に応じて、日米の首脳会議でこれをナショナルイシューとして登録をしてくれました。
 これも、しかしまた、これからいろんなバリアを国の役人は構えて、アメリカをおもんぱかり、あるいはシナをおもんぱかって、いろんな障害を構えると思いますが、やはりこの日本の頭脳部であり、心臓部であるこの東京を活性化するがためにも、それそのものが私は日本の活性化につながると思いますので、皆さん、そういうひとつ意思を同じくして、新しい指導者のもとに、この東京というものを、より強いしたたかな日本を代表する大都市に仕上げていただきたいということを念願して、ごあいさつにかえます。
 長いことありがとうございました。(拍手)

○議長(中村明彦君)  以上をもってあいさつは終わりました。
 この際、議長として一言申し上げます。
 石原知事におかれましては、長きにわたり大変ご苦労さまでございました。ここに深甚なる敬意を表するものでございます。
 今後とも、都知事としてのご経験を生かし、都民生活の向上に寄与されるようお願い申し上げる次第でございます。

○議長(中村明彦君)  以上をもって本日の日程は全部議了いたしました。
 会議を閉じます。
 これをもって平成二十四年第一回東京都議会臨時会を閉会いたします。
   午後一時九分閉議・閉会


ページの先頭へ