本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

信頼されるリーダーとなるため
顧問偏重・職員軽視を改めよ

秋田一郎(自民党)

都政運営
〔1〕顧問とともに都政を恣意(しい)的に動かす手法は東京の民主主義を傷つける。見解は。〔2〕自身の行動や発言を踏まえ、どのように国の税制改正に取り組むか。〔3〕知事自ら汗をかき、地道な活動を展開することが東京と地方の共存共栄に繋がる。見解は。〔4〕東京大会への決意と平昌パラリンピックのみ議会中に視察する理由は。〔5〕都職員から信頼されるリーダーとなるため、顧問偏重・職員軽視を改めよ。〔6〕29年に続き、都議会への報告前に予算の査定内容を各団体へリークした。都政の私物化は厳に慎むべき。知事の考えは。
知事 〔1〕都民ファーストの視点で都政運営を進めてきた。引き続き都議会と建設的な議論を積み重ねる。〔2〕都議会の協力を頂き、オール東京で都民の貴重な財源を守る主張を強力に展開。〔3〕全国知事会等の機会で説明し理解を求めてきた。共存共栄に向け各道府県との連携強化。〔4〕現地に出張した職員の報告や視察した議員の皆様のアドバイスを踏まえ判断。〔5〕2020改革プランの実効性を高めるため、新たな推進体制の構築を指示。〔6〕意見交換は予算編成プロセスの一つ。都議会各会派には、予算案の発表前日、全体像を一番初めに説明。
入札契約制度変更
〔1〕中小企業に負担増を強いる。ライフワークバランスや賢い支出を標榜(ひょうぼう)する知事は自己矛盾を感じないのか。〔2〕一者入札中止による豊洲追加工事の遅れの責任はどこに、誰にあるか。〔3〕入札監視委員会による意見交換の報告で、中小企業の危機感をどう受け止めたか。〔4〕現場と有識者の声に真摯(しんし)に耳を傾け、早急に入札制度見直しを。
知事 〔1〕入札監視委員会で検討を進めており、現場の声を伺いより良い制度を構築。〔2〕7月末までに工事が完了する契約を締結しており、開場日への影響はない。最終的な責任は都知事である私に帰する。〔3〕積算に係る負担増やJVが貴重な技術研鑽(けんさん)の機会という意見は重く受け止める。〔4〕入札監視委員会の検証報告を踏まえ、より良い制度の構築に取り組む。
環状2号線
東京港の国際物流機能強化に不可欠。どのような役割と認識しているか。
知事 広域的な交通、物流ネットワークの強化、臨海部のまちづくり、防災性向上に寄与。
東京大会の輸送運営計画
首都高速道路の活用への認識と円滑な輸送実現への見解は。
知事 首都高の通行量を調整。築地周辺道路等も組織委員会等と連携し混雑対策を進める。
豊洲市場
〔1〕知事は開設者として業者や都民が求める安全宣言を直ちに出すべき。見解は。〔2〕築地跡地に市場をつくらない方針を示したと理解したが、今後の再開発の方向性は。
知事 〔1〕専門家会議の確認、農林水産大臣の認可手続を経て、安全・安心な市場を私から発信。〔2〕民間の知恵を生かし将来の東京にとって重要な役割を担うまちづくりに繋げる。
市町村総合交付金
今回導入された政策連携枠の取り扱いを含め適正運用に努めるべき。
知事 一般財源の補完という性格を変えることなく支援メニューを検討し、適切に支援。

JV Joint Ventureの略。共同企業体のこと。

ページ先頭に戻る