本文へ移動

ロゴ 東京都議会

Tokyo Metropolitan Assembly

2016年オリンピック・パラリンピック競技大会開催都市決定に伴う議員派遣報告書

目的

 東京都議会は、これまで、2016年オリンピック・パラリンピック競技大会を東京に招致するための決議、特別委員会での調査、国や他自治体への働きかけなど様々な活動を行ってきました。 10月2日の開催都市決定に向けて、(特非)東京オリンピック・パラリンピック招致委員会からの依頼を受け、東京都や招致委員会と一体となった招致活動を実施することを目的として議員団を派遣しました。

派遣都市

 デンマーク王国コペンハーゲン市

期間

 平成21年9月29日(火曜日)から10月4日(日曜日)までの6日間

派遣団

団長
田中良 議長(都議会民主党)
団員
大塚たかあき(都議会民主党)
大沢昇(都議会民主党)
くまき美奈子(都議会民主党)
吉野利明(東京都議会自由民主党)
川井しげお(東京都議会自由民主党)
こいそ明(東京都議会自由民主党)
高橋かずみ(東京都議会自由民主党)
鈴木隆道(東京都議会自由民主党)
木内良明(都議会公明党)

 随行 議会局職員1名

日程概要

9月29日
11時25分
成田国際空港発(フランクフルト経由)
19時10分
コペンハーゲン・カストロップ国際空港着
9月30日
午前
活動予定など事務打合せ
午後
会場視察(ベラセンター、オペラハウスなど)
17時00分
間寛平アースマラソン コペンハーゲン到着イベント
20時00分
ソーシャル・ファンクション(合同夕食会)
10月1日
午前
活動予定など事務打合せ
午後
サイクリングイベント(デンマークオリンピック委員会主催)
夕方
決起集会
10月2日
8時00分
東京代表団の見送り
10時30分
東京プレゼンテーション視聴
17時00分
開催都市発表視聴

夕食会
10月3日
午前
報告など事務打合せ
15時00分
コペンハーゲン・カストロップ国際空港発
10月4日
8時30分
羽田空港着

費用

 総額 約10478千円

報告

 田中良議長を団長に、2016年オリンピック・パラリンピック競技大会開催都市決定に伴う派遣団10名は、平成21年9月29日から10月4日までの6日間、デンマーク王国コペンハーゲン市で、招致活動などを実施しました。

 まず、派遣団は、立候補都市のプレゼンテーションや投票が行われるIOC総会の会場となるベラセンター、IOCのオープニングセレモニーが行われるオペラハウス、サイクリングイベントの開催される市庁舎前広場など、招致の中心施設を視察しました。

ベラセンター オペラハウス

 次に、間寛平さんアースマラソンのコペンハーゲン到着イベントの会場となるカステレット要塞内にあるゲフィオンの泉に向かいました。間寛平さんは、2016年オリンピック・パラリンピック招致大使であり、マラソンとヨットのみで、世界一周をするアースマラソンに挑戦しています。高橋尚子さんをはじめとしたオリンピック・パラリンピックのメダリスト、デンマーク日本人会や2016年東京オリンピックを望む学生の会(以下「学生の会」といいます。)の方々とともに、寛平さんのコペンハーゲン到着を盛大に迎えました。国内外のメディアに向けて、東京へのオリンピック・パラリンピック招致を強くアピールしました。

寛平さんの到着を出迎え 寛平さんを囲んでPR 団員を取材するメディア

 また、夜には、ソーシャルファンクション(合同夕食会)が開催されました。間寛平さんを囲んで、石原慎太郎知事、高橋尚子さんやロサ・モタさんなど多くのアスリートの方が参加し、国内外のメディアにも公開されました。田中良議長は開会のあいさつで、吉野利明議員が乾杯のあいさつで、2016年オリンピック・パラリンピックの東京開催を強くアピールしました。派遣団の団員は、現地メディアなどの取材に対して、積極的に東京のPRを行いました。

田中議長 吉野議員 取材するメディア

 10月1日には、デンマークオリンピック委員会主催のサイクリングイベントが開催されました。4立候補都市の若者が、プレゼンテーション会場となるベラセンターをスタートし、市庁舎前のゴールまで、各都市のPRをしながら自転車で走るイベントです。派遣団は、ゴール地点で、東京代表の若者を迎え、間寛平さんとともに東京を大いにアピールしました。

東京をPR 取材するメディア

 夕方には、IOC総会の出席者、多くのアスリートの出席により、決起集会が開催されました。福田富昭招致委員会理事(JOC副会長)の開会あいさつの後、田中良議長が乾杯のあいさつで、東京招致の強い決意を表明しました。また、川井しげお議員の発声で、最後まで頑張ることを誓い、IOCのオープニングセレモニーでIOC委員への招致活動に向かう参加者を盛大に送り出しました。

田中議長 招致活動送り出し

 10月2日は、IOC総会が開催されました。投票に先立ち、4候補都市が、シカゴ、東京、リオデジャネイロ、マドリードの順番で45分間のプレゼンテーションと質疑が行われました。

 派遣団は、開催都市決定東京応援ツアー(以下「応援ツアー」といいます。)で駆けつけた方々とともに、ホテルからプレゼンテーションのため会場に向かう石原知事、田中議長をはじめとした東京の代表を、力強く送り出しました。

プレゼンター等送り出し

 各都市のプレゼンテーションは、ホテル内のプレスルームで視聴しました。東京のプレゼンテーションは、平和・環境を訴えるすばらしいもので、会場にいた外国のプレスの評判も非常に高く、結果が期待されました。

東京のプレゼンテーションを視聴

 投票は、夕食会の会場となるホテルに設置されたビジョンで、視聴しました。1回目の投票で、シカゴが落選し、大いに期待が膨らみました。しかし、誠に残念ながら、2回目の投票で東京の落選が発表されました。その後、IOCのロゲ会長から、2016年オリンピックの開催都市として、リオデジャネイロに決定したことが発表されました。

投票結果を視聴

 夜は、応援ツアー、日本人会、学生の会など東京招致にご協力いただいた方々にお礼を申し上げるとともに、オリンピック・パラリンピックの東京開催に向けた熱い思いを伺うなど意見交換を行いました。

応援ツアーの方々にお礼 日本人会、学生の会の方にお礼

 今回の派遣を通じて、今後とも、東京がオリンピック・パラリンピックの招致活動を通じて訴えてきた、世界平和の尊さや地球環境の大切さなどの理念の実現に向けて取り組むことが重要であると強く感じました。

ページ先頭に戻る